無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

指輪の磨き直しと、蘭の花

ようやく暖かくなるsign01という予報ですが、まだまだ寒〜いsnow
明日は、また雪マークが出てますね・・・。

そんな寒いけれど晴れた日、用事で都内に出かけました。

以前、夫の結婚指輪がずいぶん傷んだので、私のも一緒に磨きに出しました。
ピカピカで帰って来たhappy01と、思ったのもつかのま・・・なんか、太陽の光にあたると、全体に細か〜い、ほこりがのってるかのような傷が無数についてる。

これは気のせい?と、しばらく観察したり、同じ会社で購入した他の指輪と比べたりしてみたけど、どう見ても細かい傷が一面にある・・・。
特に私の指輪は、磨きに出す前はそんな傷がなかっただけに、前より傷ついて戻って来た指輪は、傷のせいでくすんで見えます。なぜなのか〜shockプラチナ100%だとこうなるの?
カスタマーセンターがあることだし、そんな疑問を尋ねてみました。

すると、実際に指輪を、前回磨いた神戸の工場で確認したい、という話になり、お店に預けて来ました。
2週間後、工場の担当者から連絡メールで、預かった指輪は「日常装着されているための擦り傷によってくもっています」ので「クリーニング」した、という内容のメールが届きました。
日常の装着による擦り傷・・・じゃないんだけど・・・bearing
ちゃんと説明したけど、カスタマーセンターからうまく通じてないのかな、と思い、もう一回メールで説明しましたが・・・技術者の人は、クリーニングがミスだったとは言いたくないみたい・・・店舗の人はそう言ったのにな・・・thinkなんだかガッカリな対応でした。

20才に両親からパールのジュエリーを贈ってもらってからずっと好きなお店だっただけに(だから、結婚の時もこのお店を希望しました)、残念な対応が気になりましたが、嫌だと思っていてもしょうがない。指輪はきれいになったことだし。楽しく行くことにしましたnotes

店舗で受け取った私たちの指輪は、前回の磨きの時とは違って、ツルツルピカピカの輝きを取り戻していました。

店舗で対応して下さった男性の指輪もプラチナで、15年間くらい一度もクリーニングしたことがなく、いつもつけていて、温泉にもそのまま入るそうです!
彼の指輪は、ピカピカじゃないけど、マットな輝きで、年齢を重ねたその男性によくお似合いでした。


他にも用事を済ませ、銀座に出たらまたあれを買って帰りたいsign01ということで、前回同様、「お買い得品」を。

今回は、一番左の14ヵ月のプロシュートと、真ん中のチチョラータ(豚肉の色んな部位で作られたハム)は、前回と同じで、他に右側の、パンチェッタアルペペローネ(で合ってたかどうか・・・)という、ペッパーがついた生ハムが組まれていました。
このペッパーつきのハムは、脂がとろけるうまさです。


Photo



チーズもぜひ欲しかったので、普段ほとんど利用したことのないチーズ屋さん「チーズ王国」に立ち寄りました(デパ地下に、そこしかチーズが見あたらず)。
そしたら好みを聞いて、ややクセがあって珍しいベルギーのチーズをすすめてくれました。

Photo_2


ウォッシュタイプで、香りにクセがありますが、口の中にそれほどは残りません。
ライ麦が入ったパンや、ナッツやフルーツが入った甘めのパンとよく合います。


満足な買い物をして、埼玉では(なかなか)食べられないものを食べに・・・

ジャ〜ン!shineジェラートですshine

アイスクリームでも、ソフトクリームでも、シャーベットでもなく、ジェラートが好きなのです。
が、埼玉で食べられる所を見つけられません(高速道路でず〜っと離れた所や、牧場にはあります)。

Photo_3


あっという間の滞在でしたが、色々できてよかったです。

勝ちどき橋を渡った時の風景。

Photo_4


反対側には、東京タワー。

2


それに、面白いものも。

Photo_5

「大政奉還」を希望して、運動されているそうです。


それから、まだ寒いとはいえ、暖かいマンション室内の窓辺では、今年も蘭がつぼみをふくらませています。

Photo_6


2_3


そして、最初のひとつめが、つい先日開花しました。


Photo_7


全部咲くには、時間がかかりそうなので、時間差で長く楽しめそうですheart



2013年2月24日 (日)

バレンタインデー

今年のバレンタインデーは、お互いに食べたがっていた・・・


シュークリームを焼いてみました!


シュークリーム作りは初めてで、不思議なものができましたcoldsweats01

皮が焼けて来て・・・・


Photo


カスタードにブラウンシュガーを使用したので、茶色っぽいクリーム。


Photo_2


生地自体は、美味しくできたと思いますnotes甘みもちょうどいいwink



自宅でデスクワークの日もある夫。

そんなある日のランチは、パンケーキ。北米風にベーコンと、メープルシロップで頂きました。

Photo_3


一日中、座って仕事をした日は、少し泳ぎに出かけることもmist

リフレッシュして、また頑張ろうsign01



2013年2月21日 (木)

愛されている妻さんとランチ

都内は雪という予報、今回は当たりでした。

写真は分かりづらいですが、強風の中、雪が舞っています。

Photo

 

多忙な毎日の中の貴重な時間を、ランチに誘って下さったのは、「愛されている妻」さんnote

前回は、博多のけいさんが東京にいらした時に、ご一緒しましたhappy01

その前は、もう2年前の、やはりひな祭り前にランチをしましたrestaurantこの時に、初めて実際にお会いしたのでしたねwink

今回は、妻さんが長〜い間、常連さんのフレンチへnotes

前菜「海の幸のお菓子仕立て」。

Photo_2

せっかくのお料理ですから、スパークリングワインもハーフボトルで頂きますsmile

スープは、「トマトのポタージュ」。お腹の中からしっかり温まります。

Photo_3

メインは、妻さんがお魚で、「スズキのソテー 白ワインソース」。

Photo_4

私はお肉の、「チキンのソテー エシャロットソース」にしました。

Photo_5



デザート、「ココナッツのブランマンジェ」。滑らかで美味しい!

Photo_6



コーヒーは小ぶりのカップ&ソーサーで登場。
カップを手に取ると、ソーサーにはお店のロゴマークがsign01

Photo_7



お得なランチで、平日お昼時は大人気。

混雑しましたが、その混雑もお昼のいっときに集中し、13時をまわると、すっかり空きましたので、ひとしきりおしゃべり&記念撮影happy01

妻さんの好きなお店に連れて行って頂いて、ありがとうございましたsign01

それから、まずは、行きたいと思っていた伊勢丹へshine
と、張り切って歩きましたが・・・なんとなんと・・・休業日shockデパートなのに〜、そんなことってあるのぉ〜?!・・・。

気を取り直して、高島屋へと移動し、楽しみましたnotes

そして、今回も・・・

Photo_8

誕生日ですか?!というくらい、色々頂いてしまいました。

国際色豊かなお菓子たちは、スイスのチーズステッィク、ベルギーのチョコレートなどなどsign01

そして、素焼きのお塩入れ。

Photo

精製していないお塩が、湿気でかたまらずに保存できる、通気性バツグンの容れ物で、こういった素焼きタイプは、なかなか普通に売っているのを見かけないそう。妻さん、ありがとうございますconfidentheart04

私は、ささやかだけど、手作りの焼き菓子をお持ちしました。お口に合うといいな。

合わなかったら・・・ミューズリーも入ってるし、砕いてバードフィーダーに載せて頂くといいかもsign01flair

あっという間に楽しい時間が過ぎ、東京からの下り電車が混み合う前に帰路につきました。


またお会いできるのも楽しみですし、これからもブログから色々見習わせて頂こうsign01

ありがとうございましたheart

Photo_2


2013年2月18日 (月)

おひなさま

まだまだ寒いですが、ひな祭りの季節が近づいていますcherryblossom

桃の節句ともいうけど、桃の花なんてなかなか見かけないなぁ、なんて思いながら、桃の節句について調べてみましたwink
みなさんは既にご存知のことかもしれませんが、私のような人もいるかもしれないので、ちょっとメモしておきます。
参考にしたのは、All Aboutというサイトです。


3月3日がひな祭り、または桃の節句、として決められたのは、江戸時代だそうです。
その前から、中国には、3月上旬の巳(み)の日を、季節の変わり目の邪気を払う日とする行事「上巳節」があり、それを遣唐使が日本に運んで来て、ひな祭りの原形「上巳の節句」が生まれました。

平安時代には、宮中や貴族子女が、ままごと遊びをし始めます。
これは、紙人形を使い、「雛遊び」と呼ばれます。ひな遊び、もしくは、ひいな遊び、という時の「ひいな」という言葉は、「大きいものを小さくする」とか、「小さなかわいいもの」を意味するそうです。

このままごと遊びが、中国由来の上巳の節句と結びつき、人の厄をかぶる男女一対の紙人形ができました。流しびななどとして、邪気を払うため使われて来ましたが、やがて人形制作技術の発展と共に、立派な人形が作られるようになると、流していた人形は飾るものになります。

それまで3月上旬の巳の日だった節句を、江戸幕府が、3月3日の桃の節句と定めました。
5月5日の端午の節句が男子の節句なのに対して、女子の節句として定着します。

娘の厄を受けるひな人形は、その家の財力の象徴でもあり、次第に華やかさを増していきます。
町民が豊になると、町全体の行事として、また、我が子の幸せを願う行事として、定着していったそうです。

桃の節句と呼ばれるようになったのには、桃の花の時期だからというだけでなく、桃には邪気を払う力があると考えられていたこととも関係があるようです。

もともと、邪気を払う行事だった、春先の上巳の節句が、邪気払いの力を持つ桃と結びつけられ、桃の節句と呼ばれるようになったのですね。

桃太郎の話についても、面白いことが書かれていました。
昔から、邪気の象徴は鬼、邪気払いの象徴である桃には、鬼を退治する力があると考えられていたようです。
そこから、桃太郎というお話が誕生したのですね。

この季節の変わり目や、物事の節目に、邪気が入りやすいという考え方が、日本の厄年のベースにもなっているのかな?
厄年っていうのは、男女それぞれに、体の変化が大きい年になっているのかもしれないですね。
年のとり方や、心身の変化の仕方には、個人差もかなりあるように思います。
厄年を、やみくもに「呪われた年」みたいに考えず、心身の健康に改めて意識を向ける機会、自分を大事にする機会と捉えたいです。


今年も我が家のおひなさまを飾りました。

このおひなさま、もう35年くらいを一緒に過ごしているはずですnote


2


ブログ友達「愛されている妻」さんから頂いたおひなさまも飾りましたnotes
我が家で3度目のひな祭りを迎えてくれています。

Photo


こちらは、ひな祭りとは無関係ですが、母が最近凝っている人形作りです。


Photo_2

愉快な人形たちですhappy01


2013年2月12日 (火)

パーティー Saitama Funky Souls & Friends

お料理上手で、毎日の生活を素敵に楽しんでいらっしゃるシンガポールにお住まいのnoodleさんのブログで、先週末は、中華圏でも連休だったと知りました。

日本でも、土曜、日曜、月曜は建国記念の日で3連休でした。

私たちは、いつもとはちょっと違った集まりを開きましたよhappy01

たいてい我が家で開いている、バンドのメンバーとの忘年会や新年会が、今回はできないまま2月になり、そのメンバーたちと共通の友人ともしばらくぶりに集まりたいね、という話がありました。

それなら、音楽仲間や、ライブに来て下さる方、ご近所さんもお呼びして、思い切りパーティ−しちゃおうsign01ということで、マンションの、マルチルームという部屋をレンタルし、会費制の飲み食べおしゃべりのパーティー「Saitama Funky Souls(バンド名で〜す) & Friends」を開くことにしましたnotes

3連休の中日ということもあり、お声のかけた人の中には、他にイベントがあって参加できない方も多くいらっしゃいましたが、それでも14名で集まることができましたbeer

立派なキッチンもついているので、料理を作りながら、パーティーを楽しめます。

Photo_3

我が家に人お招きする時は、多くてもせいぜい4〜5人プラス私たち夫婦なので、今回は未体験の人数分の買い出しとメニューを、予算を見ながらすることになります!数字が苦手な私には、ちょっと難しいけど、面白くもある作業でした。

当日は、料理上手で機転の効くE子さんが、早くから来て下さり、準備から会の終了まで大活躍して下さいましたsign01

我がバンドメンバーのK子ちゃんには、得意の豚汁作りで力を発揮してもらいましたよ。

Photo_4

あっちこっちバタバタしていた私は、お料理色々の写真をじっくり撮るのを忘れてしまいましたが、揚げそばをのせたキャベツのサラダ、レタスとからし菜のサラダ、ピクルス、チーズと生ハム、マグロのキッシュ、豚汁に、バゲットやナッツ、スナックも。

Photo_5

愛されている妻さんのポテマヨグラタンと、お肉料理としてイタリアンローストポークnotes好評でしたhappy01

Photo_6

デザートには、ぶどうと苺、アイスクリームを用意しました。

他に、メープルチョコレートや、かわいい羊ちゃんのチョコレートを持って来て下さった方々もいたし、歌手の3姉妹は色々なケーキを差し入れしてくれましたsign01ありがとうnote

Photo_7

 

初めての試み、みなさんのおかげで実行できましたwine

「またやりましょう」の声を聞けたので、楽しんで頂けたんじゃないかなと思いますし、そうだととっても嬉しいですheart04

またやりましょうsign03


2013年2月 5日 (火)

久しぶりの東京デパ地下

用事で都内へ出かけました。

帰りに、久しぶりの東京のデパ地下へ、足を踏み入れましたhappy01heart04

結婚前は東京が長かったのですが、暮らしてみると、たいていのことは埼玉県でもまかなえることが分かり、人混み苦手な私には、住みやすい毎日です。
でも、デパートはやっぱり東京が楽しいですねnotes品揃えも全然違う〜note

たまのことなので、贅沢しようと言いつつ、吟味した上に・・・お買い得品をゲット。

Photo

これは、当たりでした。
一番左は、14ヵ月熟成のプロシュート、真ん中は豚耳などが寄せてあるタイプ、右側のはコッパみたいな感じで独特の香りがあります。真ん中だけ6枚、両側は4枚ずつ入っていました。

お皿に盛って、よく見てみましょう。それぞれ個性があります。美味しそうでしょwine

Photo_3


用事で遅くなった日は、帰ってさっと食べられる何かが嬉しいですよね。
夫は、太巻きも、柿の葉すしも好きなのです。
昭和の子なので、「太巻きってごちそうって感じがするな」なんて、カワイイことを言いますcatface

Photo_2

太巻きは、こんなに具沢山。隣に並べたのは、柿の葉すしです。
上から、鮭、さば、エビ、鯛です。

マグロは、マグロに自信の魚屋さんで、年末だけバイトする母から頂きました(話すと長いのですが、もう20年来のおつき合い!年末だけですが、母がお手伝いに行くのを、お店の方々もお客様も毎年楽しみににして下さっているようで、ありがたいですsign01)。

Photo_4


そして、デザートも大事ですねcafe

最初に入ったデパートには、もちろんいっぱい商品はありましたが、ぜひここで買おうと思うものがなく、次に銀座三越に寄りました。

三越の地下は、伊勢丹と統合して、美味しいものがありそうな雰囲気が増しましたねshine
スイーツのお店は、どこのデパ地下でも人気で、数が多いです。
そんな中、ふとシュークリームに魅かれて近寄ったショーケースがありました。
「フレデリック・カッセル」という、パティシエの名前のお店です。
外側はザクザクした感じ。中には、同じお店で作っているミルフィーユのクリームが詰まっているそう。
そして、真っ黒しっとりしたチョコレートケーキも美味しそうです。
底部には、甘みのないカカオのかけらがまぶしてあります。

Photo_5


とっても感じのいい女性スタッフが、シュークリームとケーキを箱に詰めながら話して下さったところによると、このお店は、フランスのパリ郊外にあり、関東ではこの銀座三越にしか入っていないとのこと(日本では他に、京都のハイアット・リージェンシー内で買えるようです)。
「へー!こんなにあるスイーツのお店の中から、このお店を選ぶなんて、お目が高い!」と自分で自分をほめる私smile
「ピエール・エルメのお菓子と似てるね」と夫につぶやくと、女性スタッフさんもちゃんと聞いていらして、「2人は仲がいいんですよ」と教えて下さいました。お目が高いsmile

真面目な話、きっと、こんなにある中で魅かれるというのは、やっぱり何か他と違った魅力を備えてるということなのでしょうね。

食べるのを楽しみに、大事に持ち帰りました。

Photo_6


シュークリームの中のクリームは、バニラビーンズが見えていて、何かのスパイスが効いているみたい。

Photo_7

チョコレートケーキの「タングラム」は、一番下のクッキー生地の台に、層になったチョコレートムースのような部分がのっていて、周りにねっとりしたチョコレートのコーティング。
もちろん、濃厚ですが、しかし、後味がすっきり!

いや〜、東京ならではの、いい買い物した!(笑)


翌朝の甘いものも買いましたよwink

和菓子やさんの中でも好きな「仙太郎」で、桜もち(中央)、うぐいす餅(左)、本わらびもち(右)を。
本わらびもちを見て、「食べたい」と言ったのは夫でしたが・・・パクッとひと口食べ、うっとりしたかと思ったら、そのひと口サイズと言っていいような大きさを初めて認識したようにじっと見て・・・「これが300円?!」と叫びました。でもね〜、やっぱり美味しいです。その後、目を閉じて、じっくりと、最後の味わいが消え去るまで、300円を満喫していましたbleah

たまにはいいのです。
いや、たまだからいいんだね。
と、思うようになったのは、年の功?

明日はまた雪の予報が出ていますが、これからは、いちご大福や花びら餅の季節ですね。
いちご大福は、「鈴懸(すずかけ)」のがダントツ好きですcherryblossom
本店は博多ですが(けいさ〜んhappy01)、新宿伊勢丹地下に入っています。

花びら餅は、目白駅近く、目白通り沿いにある「志むら」のがお勧めです。

こういったお菓子は、同じ名前がついていても、どこで買うかでそれぞれ全く違います。
ぜひ、美味しい「それ」を食べたいですね。


« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »