無料ブログはココログ

« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その7 見どころ満載アイスフィールドパークウェイをジャスパーからバンフまで | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その9 夢のLake O'Hara(レイク・オハラ)後編 »

2012年10月 5日 (金)

2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その8 夢のLake O'Hara(レイク・オハラ)前編

国立公園内に宿泊の2日目は、あの、出発前から騒いでいたLake O'Hara(レイク・オハラ)に予約がしてある日です sign03

以前の記事「ここに行きたい!Lake O'Hara」、「Lake O'Haraへの切符」。

この国立公園エリア、私たちが入って来たのは、Jasper(ジャスパー)国立公園でしたが、このロッキー観光ハイウェイは、他に、Banff(バンフ)とYoho(ヨーホー)という国立公園も隣接しています(今回は足をのばせませんでしたが、Kootenay(クートニー)国立公園もすぐそばにあります)。

レイク・オハラは、Yoho国立公園内に位置する湖で、自然保護のために、乗用車の乗り入れができず、専用のバスで一日の入山制限が行われています(徒歩で行く場合はこの自由ですが、片道13kmの山道です)。

Yoho_2

バスは朝8時半と10時半の1日2便。私たちは8時半の予約をしました。 途中迷いながら集合場所に到着。サインを見て、ホッとしましたcoldsweats01

Photo

予約の確認ができたら、指定されたバスに乗り込みます。

Photo_2

バスはスクールバス2台で、42名を運びます(と、聞いていましたが、今はもっと減り、確か36名だとか)。
予約は3ヵ月前からでき、大抵すぐに定員になるそうです。 私たちも、ちょうど3ヵ月前に電話予約をしておきました。

Photo_3

「間に合ってよかった〜」と、言われた通り2台目のバスに乗り込む私たち。
前の方にあった空席に腰掛けました。
周りはよく見ずに座りましたが、すぐに、通路を挟んだ席の方が、「おはようございます」と、声をかけて下さいました。
日本人だ!happy01と思いながら、「おはようございます」と答えます。
よく見ると、何人かのグループでいらっしゃているようで、声をかけて下さった通路を挟んだお隣さんは、おにぎりを召し上がっており、トレッキングし慣れた風貌の男性です。

「あ〜、楽しみだね〜〜〜sign03」夢見たレイク・オハラにいよいよ行ける興奮があふれ、思わずそう言うと、夫はもちろん、そのおにぎり男性も「うんうん、そうですよね〜happy01」と、賛同して下さいました。
元気な挨拶といい(海外で日本人同士と分かっても、気さくに挨拶をして下さる方は意外と多くないです)、このフレンドリーさといい、ただ者ではないな!ガイドさんぽいな〜。そういえば、レイク・オハラについて調べている時に拝見したHPのガイドさんに似ているような気が・・・。なんて、妄想劇場を展開していると、おにぎりさんから、「自分で予約したんですか?」と声をかけられました。
私 「はい!」
おにぎりさん 「もしかして、予約することブログに書きました?」 (モグモグdelicious
私 「sign01はい、書きました!」
おにぎりさん 「それで、予約が取れた後も、ブログに書きましたよね?」 (モグモグモグdelicious
私 「sign03はい、書きました!」
おにぎりさん 「こんなキレイな景色が見られます、ってツアー例を紹介してたでしょ。自分で取るとチケット15ドルだけど、ツアーは高いって書いてたでしょ。それ、僕のとこsmile
私 「ギャハハそうだったんですか!smile確かに、高いって話書きましたね〜catface

今、確認してみても、確かに地元のツアー会社の例として、「Wintergreen Guide Tours Ltd.」さんの、素敵なホームページを参考にさせて頂いてますね〜。
そのツアー会社を経営し、ガイドをされている、田中康一さんと、こんな奇跡的な偶然で、レイク・オハラ行きのバスの中で出会うことができたのです。
なんと、田中さんの愛妻啓子さんもこの日はたまたまご一緒されていました!
啓子さんは、康一さんのツアーのランチ担当。「啓子のまごころランチ」は、人気なのです。

その田中夫妻、「高い」って書かれたにも関わらず、本当に気持ちのいい、素敵な方々で、この思わぬ幸運な出会に、行きのバスの中で私たちも盛り上がってしまいました。
康一さん、とにかく面白い!
頭の回転が速く、優しさのあるユーモアにあふれてるんです。
そして、そんな盛り上がる会話をニコニコ見守る、啓子さん。
さらには、この日の田中さんのお客様、矢沢ファミリーが、またとってもいい方たちで、バスの行き帰りのひと時でしたが、お会いできて本当に楽しかったですheart

康一さんは、お客様とのツアーを、ブログに書かれていらっしゃいますので、矢沢ファミリーのハイキングの様子は、こちらからご覧になれます。
今回のご旅行は、お父様の古稀をお祝いするイベントだそうです。 それがまた、素晴らしいプレゼントですよねsign01

気持ちのいい方たちとのおしゃべりで、20分ほどのバスでのガタガタ山道も、楽しく過ぎましたnotes

言い訳するわけではありませんが(笑)、「高い」っていうのには、2通りの意味があります。

1つは、単純に金銭的に我が家には高いっていう意味crying

もう1つは、今回私たちが行くような、普通のハイキングコースには、私たちには高い、という意味です。
私は、山登りのキャリアを誇れるような登山家では全くないのですが、突発的な山登りはいくらかやっていまして、歩くのも大好きですhappy01
例えば、北なら北海道は利尻島の利尻山(1721m)、南は屋久島の宮之浦岳(1936m)、日本一なら富士山(3776mだけど、登ったのは5合目からですね)、あとはネパールでシェルパと数日歩いたり、なんていうのをしていますので、ハイキングなら、自分のペースで歩いたり、変更したりするのが合っているかなと思います。

もちろん、康一さんのツアーでは、一緒に歩くお客様に合わせたペースで、ちょうどいいコースを用意して下さいますから、好きなようにできるんです。
だけど、自分でできる人には、高いでしょ?bleah

でも、だからこそ、普段は山なんて歩かないけど、せっかくロッキーに来たから歩きたい!っていう方には、ご自分の足の強度や好みのコースを聞いてもらった上で、アレンジをしてもらえて、お弁当もお願いできる康一さんのツアーは、高くないんです。

そして、私たちや、もっともっと山を沢山歩いてるよという方にも、満足できる特別プランだって康一さんは用意して下さいますよ。
10年以上っていう人たちを始め、いろんな足並みのリピーターさんが本当にたくさんいらっしゃるのも納得です。
 
お仕事の時間だけでなく、お休みの日も山を歩くくらい、根っから山が好きなんです。
現地の人だってあまり行かない穴場も知ってるし、有名どころでも、え~?? っていうような歩き方(遊び方)も豊富にあるみたい。
それを生かして、お客様と一緒に、楽しい時間&思い出を作っていらっしゃるんです。
ちょっとお会いしただけで、私たちも魅了されてしまう人柄と、豊富な経験。一緒に歩いて頂けるガイドさんとして、康一さんは最高じゃないかなと思います。
康一さんのブログからも、そんな様子が伝わってきますよ。

私、力説してますけど、買収されたわけじゃないんですよ 本当に、こんな偶然、あるんだな〜!!と思わずにいられない出会いで、その短い時間に、田中ご夫妻から色々感じたので、こうして紹介させて頂きました。高いって簡単に言っちゃったしね!happy02

私がブログに「レイク・オハラに行きたい!」って書いたのを見つけた康一さんは、その後、ちゃんとチケット取れるかな〜、取れなかったら連絡してみようかな、って思いながら、見守って下さってたんですって!

田中康一さんの、Wintergreen Guide Toursは、他にも他社にはないお勧めポイントがありますよsign01
行きのバス2便のうち、康一さんのツアーなら、必ず8時半のバスが約束されている点です。
めいっぱいレイク・オハラでの一日を楽しむなら、そして、ゆったりとハイキングしながら景色を目と心に焼きつけるなら、8時半のバスは必ず予約したいところです。
だから当然、8時半は人気で、予約が殺到するようです。その朝一番のバスに必ず乗れるのも、康一さんのツアーならではです。

この日、田中ご夫妻とのハイキングを終えられた後の、矢沢ファミリーにもお会いしました。 かなり高い所まで行かれたようですが、お父様が「こちらのペースに合わせて歩いて下さるので、とても助かりましたよ」と、満足そうにおっしゃっていらっしゃいましたhappy01
いいお祝いができたでしょうね。本当におめでとうございますsign01

さて、憧れのレイク・オハラに行くだけでも興奮状態なのに、こんな出会いまであって、大興奮sign03
でも、まだレイク・オハラについたばかりです。 素晴らしさを体験するのはこれからです。

まだ昼の光が入る前の、レイク・オハラを見てから、いよいよハイキングに出発ですnotes

Photo_4



« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その7 見どころ満載アイスフィールドパークウェイをジャスパーからバンフまで | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その9 夢のLake O'Hara(レイク・オハラ)後編 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~、おにぎりです(モグモグ)riceball
我が家のことを大袈裟にいっぱい書いてくれてありがとう。
でも、脅迫されてムリヤリ良いことばかりを書かされたみたいな文章だ(笑)shockannoy

ポーレイさんの旅行は素敵な出会いに溢れていますね
それはやっぱりお人柄でしょうか
わたしなかなかそーゆー風に出会えないので
ちょっぴり羨ましいです

でも 今回のは違うと思いますが

きっとね「あれ?」なんて思うこともあったと思うんですよ
それをさらりとスルーして
また次の出会いを楽しみにされたりしてるんじゃないかなぁと 想像しています
わたしもそんな風にひとと出会えたら
もっと楽しいだろうなぁ 見習いたいなって思います

ハイキングガイドの田中さんnotes

え〜!脅迫されたって分かっちゃう文章でした?!
な〜んて、本当に感激したのですよ〜smile

それにね、本当に、その人によって一人じゃできないけど求めてるものを、一緒に叶えてもらえるなら、高くないって思いますよ〜happy02
その上、そのナイス・キャラクターと、ほんわか啓子さんがいらっしゃるんだから、ロッキーで1番のガイドさんでしょうsign01

まだまだ次も大袈裟に行きますよ〜。(笑)

けいさんhappy01

そんな風に言って下さって、ありがとうございます。
でも、けいさんなんて、大人気のブログじゃないですか!
私はけいさんや、いつも来て下さるブログ仲間の皆さんのおかげで、なんとか続けてま〜すcoldsweats01ありがとうございますheart04

たぶん、おしゃべりなわりに天然ボケなので、「さらりとスルー」というより、気づかずスルーしてるだけのような気がします。

確かに、人とふれあうのは大好きで、そういうことが気軽にできる国にいると気持ちいいです。日本というか、人口密度の高くて忙しい都会では、そういう人は変人に思われることもありますけどね〜catface
みんなけいさんみたいに優しいといいんだけどnote
とにかく、今回のは完全に田中ご夫妻のお人柄ですネ!

いや~、こんな偶然の出会いもあるのですね!
こういう出会いがあると旅の楽しさ倍増ですね。

やなぎさんtulip

そうなんですsign01
本当に驚きました。そして、田中ご夫妻がいい方でよかった〜smile

ハイ、楽しさ倍増すぎて、朝から大興奮でしたcoldsweats01

次の後編は、これぞレイク・オハラ!という景色を見て頂きたいと思いますので、また是非のぞきにいらして下さいhappy01

メールしようと思ったのですが Outlook使えないのでこちらで(^^;)
ポーレイさんは 新宿とかは遠いですか?

今夜は名無しさん=けいさんwink

けいさんは、ブログこっちにもお持ちだったんですね!
しかも、別内容とは、手が込んでる!!

どちらも、ぎんたがタイトルで、けいさんと分かるようになっていたので、ここでもけいさんと呼ばせて頂きますね(ダメだったらおっしゃって・・・ってもう書いちゃったけど)。

新宿へは、電車で40〜50分くらいです。
けいさんは、新宿周辺にご滞在なんですか?
アメブロからのメッセージっていうのができるかなど挑戦してみます!

こんにちは!ってかお久しぶりです!
レイク・オハラのバスでご一緒したやざばです。ほんとに楽しい一日でした。
ま、ハイキング中いろいろeventが起こりはしたのですが
(実は高所恐怖があったことが判明したりとかcoldsweats02
それはそれでいい想い出になりました。

タスマニアの旅行記も読ませて頂きましたhappy01
ああ、行きたいっ!
その前にポーレイさんの旦那サマheart04のようなステキな相方を捜さないと…

やざばさ〜んnotes

見つけて下さったんですね〜sign01ありがとうございますhappy01
ホントに、おかげさまで楽しかったです。

高所恐怖症、今頃気づいたんかい!ってつっこみたくなりますがsmile
お父様にとっても、素晴らしいお祝いのご旅行ができたようで、よかったですねshine

タスマニアもいいでしょう?!ほんっとにお勧めです。
ご宿泊は、あの山小屋がいいですよ〜happy02

もしよかったら、これからもブログに遊びにいらして下さい。
旅の情報も交換できたら嬉しいですしloveletter

素敵な相方さんとの出会いも、未来に待っていると思います。
人それぞれタイミングがありますからね。私たちも出会うのは遅かったけど、その分、いっぱい一緒に過ごしてま〜すhappy01って、最後はのろけsign02coldsweats01
でも、本当に、やざばさんに、良いお相手との出会いはもちろん、これからも良い旅との出合いがありますようお祈りしています。
お父様、お母様にも、その節はありがとうございましたとお伝え頂けたら嬉しいです。

アメプロからのメッセージは わたしもやってないのです(。-人-。)

メアドをいれたので よかったらメールくださいませんか?
またはFC2の「ぎんた日記」の右枠のメール欄から
メールください
詳細をお知らせしたいので(^^;)

けいさんhappy01

何度もありがとうございます!

けいさんがいらっしゃりたいとおっしゃっていた東京を、沢山楽しんでいかれるといいな〜と思っておりますsign01

すごい出会いがあったのね!!!
レイク・オハラに行きたいポーレイちゃんがその田中さんのサイトを見つけたのは不思議ではないけれど、その田中さんがポーレイちゃんのブログを見つけてくれた事がすごいし、またバスは2台あるのに同じバスで近くの席!
バスが取れたかどうか心配して下さってたなんて、いい方なのね〜。(高いって書いてたのにね。笑)

ポーレイちゃんのメアド、けいちゃんに送ろうとしたんだけど、新しいiPhoneはメールの送信ができない事が判明!
夕方帰ってからけいちゃんにメールしたの。
連絡とれたかしら?

妻さんheart

ありがとうございます、連絡取れましたwink

そうなんです!こんな偶然あるの?!と、ビックリの出会いでした。
田中さん、すご〜くいい方ですsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/47317809

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その8 夢のLake O'Hara(レイク・オハラ)前編:

« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その7 見どころ満載アイスフィールドパークウェイをジャスパーからバンフまで | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その9 夢のLake O'Hara(レイク・オハラ)後編 »