無料ブログはココログ

« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その11 オカナガン | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その13 バンクーバー »

2012年10月22日 (月)

2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その12 バンクーバーへ戻って来ました

暖かなオカナガンを後に、どんどん走ります。

藁を積んだトラックも、スケールが大きいなぁcoldsweats01

Photo


そうそう!バンクーバー在住歴の長い方に、特に気をつけるべき交通ルールとして教えて頂いた「4 way stop」をご説明しましょうsign01

十字路に、下の写真のような赤いSTOPサインがあり、かつ、その下に「4-WAY」とあった場合に限り、この十字路で一旦停止後の出発順序は、「先に止まった者から」です。
右側の人が先、などでは決まっておらず、先に来た人が先に動きます。

だから、よく見ていないと、ほとんど同時に3台くらい停車する時なんかに、難しいです。
また、間違って、後から来たのに先に出ないようにしないと、事故の元です。

4_way_stop


ガソリンについてもお話ししてみましょう。
ガソリンスタンドで、自分で入れますが、クレジットカードの場合は、それを滑らせて給油した分だけ支払います。
現金なら、先に店内で、何番のスタンドを使用するか申告し、いくら分にするかをだいたい決めて、前払いします。
例えば20ドル分、と決めて払ったら、その分が給油されます。
もしも、20ドルに満たないで満タンになったら、返金されるそうです(店内に言いに行きましょう)。

普通のガソリンは、下の写真の一番左側「Regular」です。
この時は、1リットルあたり、CAD1.23くらいなので、85円レートでは、1リットル約105円です。

Photo_2



バンクーバーに近づくと、ものすごく車の数が増えましたsign01

Photo_3


ノースバンクーバーは、こんな感じ。

Photo_4


バンクーバーは、小さめのいい街だと思っていましたが、あのロッキーから戻った今は、「バンクーバーは大都会だな〜!」と感じますcoldsweats01

日本から到着した日にも宿泊した、English Bay Hotelへ戻って来ました。

「帰って来たな〜」と、部屋から外を眺めます。

Photo_6


その時の窓の向こうは、こんな景色。

Photo_5


この日は、ホテルの隣にある、地中海料理でテイクアウト。

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、どちらも、下にライスが敷き詰めてあり、右側は、串に刺した肉を焼いて、そぎ落として食べるドネルケバブがのっています。

左のは、ラムのすね肉(骨付き)がのっています。

Photo_7


そして、オーガニック・ワイナリー「Summerhill Pyramid Winery」で買ったスパークリングワインで、この大ドライブ旅行に乾杯ですsign03

Photo_8


この日、オカナガンのVernon(ヴァーノン)から、バンクーバーまで、一日の走行距離は506kmでした(バンクーバーへのハイウェイの途中、ノースバンクーバー付近で迷って、余計に走りました)。

バンクーバーからロッキーへ行って、オカナガンを通って戻るまでの全ての走行距離は、2448.6kmでしたnotes





« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その11 オカナガン | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その13 バンクーバー »

旅行」カテゴリの記事

コメント

「4 Way Stop」、初めて知りました!
難しいローカルルールですね。
でも信号機にはない温かみも感じます。

506kmのあとのスパークリングワイン、さぞかし美味しかったでしょうね。

やなぎさんhappy01

いつも読んで&コメントも下さって、ありがとうございますsign01

確かに、「4 way stop」をやるには、互いの様子を見る必要もあるので、信号機とは違う何かがありますね。でも、勘違いして動き出す人も中にはいらっしゃるので(観光客とか高齢者とか)なかなかスリリングですcoldsweats01

506kmの日は、疲れていたけど、乾杯したかったですね。
美味しかったですshine

山や湖からすると バンクーバーは大都会ですね!
おかげさまで 素晴らしい景色を堪能しました
そして↑のお弁当美味しそう ( ̄m ̄* )

東京ではお世話になりました (*・ω・*)
おかげさまで 楽しい時間を過ごせました
優しそうなだんなさま!
次の旅行はどこでしょう? 楽しみですね

今、ザーッと全部、旅行記読みましたよ~。
住んでいるからあまり感じなかったですが、人が書いているのを見ると、ホントに綺麗な州ですね、ブリティッシュコロンビアって!
特に晴れてるときは。
ポーレイさん達、ラッキーですよ~。
バンクーバーって、ホント雨が多いんですから。
なんか、旅行記を読ませていただいてて、昔~の『ライスカレー』っていうドラマを思い出しました。
大人になってから再放送を見た私ですが、あのピュアーさが素敵。
それにしてもすごい距離を運転!
ご主人だけ?それともポーレイさんも運転されました?
次も楽しみです~
Fumi

けいさんcafe

こちらこそ、東京での貴重な時間を分けて頂いて、ありがとうございましたhappy01

一緒に旅行記を楽しんで下さって、とても嬉しいです。
けいさんご家族の温泉や海辺への旅行も、これからも楽しみにしていますねsign01

Fumiさんrestaurant

めちゃくちゃお忙しいのに、まとめて読んで下さってありがとうございます!

そうです。BC州を歩いていて印象的だったのは、BC州在住の方々が「BCは美しい」、「BCは素晴らしい」と、とってもBC州に住むことを幸せに思っている点でしたshine
自分の好きな所に、感謝しながら暮らせることって、最高だと思います。

「ライスカレー」、夫も「知ってる!!」と言っていましたよhappy01
私も見てみたいな〜。

私が運転できないので、夫だけで走り切りましたsmile
でも、日本では決して経験できないような環境を走れて、ドライブ好きの夫は楽しんでいましたwink

これから後は、バンクーバーでの時間と、帰りに経由したソウルについて書きます。よかったら、またのぞきにいらして下さいね。

ついにバンクーバーまで戻って来たのね。
バンクーバーにブログの友達はいても、ロッキーなんて、ポーレイちゃんの記事で初めて見たし。
全走行距離2448.6kmって、きっとすごい距離なんでしょうね!
それにポーレイちゃんの泊まったお宿のオーナー、それぞれの人柄なりが紹介されていて、それぞれがとっても素敵だったわ。
特にElizabethの朝食がおいしそう!
あ、ポーレイちゃんが飲んでいたトロピカーナのジュースは私も大好き。
毎朝グレープフルーツを飲んでるの♪
でも、1,75リットルとはさすがカナダ!
窓際に立ってるご主人様、この間ご挨拶したお姿を思い出したわ!!!

妻さんnote

はい、戻って来ましたhappy01ずっと読んで下さって、ありがとうございますheart04
2448.6kmってどのくらいか、日本の道路(車で旅行したとして)で調べてみましたsign01
釧路駅から鹿児島駅が、2594kmだそうなので、ほぼ、日本を縦断するような距離ですsign03

B&Bのオーナーの方々、私たちもそれぞれにとても充実の暮らしをされている様子が印象的だったので、読んで下さった妻さんにそう言って頂けて嬉しいです。

トロピカーナ、美味しかったです!特に、この繊維沢山バージョンがよかったです!

この間は楽しかったですねwink夫にまで挨拶をして頂いて、ありがとうございましたsign01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/47549922

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その12 バンクーバーへ戻って来ました:

« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その11 オカナガン | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その13 バンクーバー »