無料ブログはココログ

« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その3 山へ向かって出発! | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その5 最長ドライブの日 »

2012年9月28日 (金)

2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その4 

カナダのゴミやさん、日本のようにトラックのゴミ収集車で周り、外に置いてあるゴミ箱(家庭やお店のゴミが入れてある容れ物)から収集して行きます。
そのやり方が、私たちのやり方から見たらユニークsign01
ゴミ箱ごとガッチリつかんで、トラックの上の開けてあるところから、エイッと逆さまにしてゴミを投入。
日本では、ひとつひとつのゴミを手で持ってゴミ収集車に運ばないといけないですから、カナダ式は速いですsmile

Photo_2


さあ、休憩を終えて、また道路に戻りましょう。

Photo_3


バンクーバーから120kmほどの場所にある、Whistler(ウィスラー)は、世界からスキーヤーが集まる人気のスキー場。
夫はスキーが好きなので、「ここがあのウィスラーかぁ」と眺めながら通りました。
夏でも、夏のレジャーを楽しめる場所として、多くの人が滞在しているようです。
山の斜面に、冬にはスキー場となるエリアが見えます。

1


そして、いよいよ、本日の目的地のある地域、Pemberton(ペンバートン)へ入りました。
かわいらしい標識が立っています。

Photo_4


カナダやオーストラリア、また、ヨーロッパなどの諸国を旅している時に、とても役に立つのが、インフォメーションセンターとかビジターインフォメーションと呼ばれる施設です。
観光案内の係の人がいてくれて、地域の地図を頂けたり、その地図上でここから目的地へどうやって行けばいいのかなどの案内をしてくれます。
また、トイレを借りるのにも重宝します。
高速道路沿いに時々出現する小さな街にも、たいていあり、便利です。
こちらが、ペンバートンのインフォメーションセンター。

Photo_5


ペンバートンは小さい町で、これから宿泊する場所からは、車で20分ほどで行ける最寄りの町です。
宿に行く前に、今夜の買い物をすませます。

旅行中、気に入って飲んでいたオレンジジュース。濃縮還元でなく、ストレート果汁で、パルプと呼ばれる繊維(オレンジの果実部分)が沢山入っていますnotes
容量は、1.75リットルです。

Photo_6


夫は酒屋さんにも、行かなればいけませんsign01bleah
面白いカゴがありました。これなら、重い物を入れてもひきずれるのでラクですねsign01

Photo_8


山の谷間では、日が落ちるのが早いです。

Photo_9


夫が、「ここなの?!」と驚きながら、宿への未舗装の道へと入って行きます。

Photo_10


到着sign01Hstel Shiloh_Worksです。

Photo_11


山小屋風なこの建物の1階が宿で、2階にオーナー家族が住んでいます。
出迎えてくれたRomyさんは、スイスからの移住者で、ここで鶏(50羽!)や牛、馬を飼い、りんごを収穫し・・・という生活をされているそうですclover

ネットで見つけて、「面白そうな宿だな〜」と思い、メールでのやり取りも感じが良かったです。
お会いしたら、やっぱり気さくで、人への愛情の感じられる方でした。

1階部分は2つのエリアに分かれ、それぞれに出入り口があります。
それぞれのエリアには、キッチンとバスルームを共有として、2組くらいが泊まれるようです。
この日は、私たちしか宿泊客がいなかったので、1ベッドルームをお借りして生活する感じで泊まれました(キッチン&リビングに、ベッドルーム、そしてトイレとシャワーです)。

中の様子です。キッチンとダイニングがあり、写っていませんが、奥にちょっとしたリビングスペースがあります。
早速、冷蔵庫を開け、ビールを冷やしたりするシェフ。

Photo_12


寝室は、ベッド2つをくっつけたダブルルーム。

Photo_13


トイレの向かいに、シャワーブースがあります。
この洗面所スペースに、洗濯&乾燥機も設置されていて、使用できました。

Photo_14


別棟に、レクリエーションルームもあるので、探検してみましょうsign01

Photo_15


ビリヤードや、楽器(ドラムや電子ピアノ)もありました。

Photo_16


では、夕食の支度。

バンクーバーと同じく、この辺りもブリティッシュ・コロンビア州です。
野菜や果物などが、地元で沢山とれるいい所です。
北米らしい(というイメージがある)ベイビーキャロットは、908g入り!
皮むきもされていて、生でも茹でてもいいので、旅行で使いやすかったです。

Photo_17


ソーセージを焼いたり、エビを焼いたり、ごはんを炊いたり。シェフが活躍してくれますsmile

Photo_21


ハイ、頂きましょうsign03

Photo_19


夜は、満点の星が見られましたsign03
なんといっても、山の中ですdiamond

Romyさんのお家、ライトアップしていましたshine

Photo_22


本日の走行距離、201.7kmでした。


« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その3 山へ向かって出発! | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その5 最長ドライブの日 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

夫さんは 運転された上にお料理もされるのね!
素晴らしいわぁー!

ちらっと見ただけですがカナダのドライブが
とっても気持ちよさそう!
あの道はいいですねー(≧ω≦)b

けいさんspa

そうです、夫は運転も料理もしちゃいますbleah

いいでしょー!カナダの道!
気持ちいい景色の中を、ずーーっと、ずーーーーっと走ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/47237882

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その4 :

« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その3 山へ向かって出発! | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その5 最長ドライブの日 »