無料ブログはココログ

« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その2 バンクーバー到着 | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その4  »

2012年9月27日 (木)

2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その3 山へ向かって出発!

バンクーバー初日の夜は、八百屋さんやスーパーに、夕食の買い物へ。
元気さえあれば、これもまた楽しいものですnotes
バンクーバーがあるのは、カナダの中でも、ブリティッシュ・コロンビア州という場所で、農産物が豊富。ワインの生産地もあるほど、気候風土に恵まれ、美しい州なのですshine

八百屋さんの辺りを、パチリ。

Photo_11


野菜不足の解消と、エナジー補給のため、たっぷりレタスサラダとステーキですsign01
日本からのお米も、鍋で炊きました。
簡単ながら、部屋でゆっくりと頂けるのがいいです。

Photo_12


ホテルは時期にもよるかと思いますが、騒々しくなかったので、よく眠れましたconfident


そして、いよいよ、レンタカーで山に向かって出発ですsign01
こちらは、返却前の写真ですが、借りたのはこの車。
キビキビと、燃費も良く走りました。

Photo_13


まずは、車の多いダウタンタウンを抜けます。
右側運転にドキドキの夫ですが、運転は好き&上手なので、頼もしいです。
日本とは違う交通ルールには要注意ですが、バンクーバーの運転の達人に、「4ウェイストップ」という、交差点での停止ルールに気をつけるようアドバイスを頂き、後に度々出て来るその「4way stop」で、アドバイスが役に立ちましたhappy01
みなさんにも、後のこの旅日記で、「4way stop」ご紹介しますね。

Photo_14


先日のコールハーバーの近くを通り、森のような公園の中へと道路はつづきます。
「スタンレーパーク」というこの公園は、海に突き出たバンクーバーのダウンタウンの中でも、一番端に位置する広大な公園です。
外周は遊歩道になっていて、海と山に囲まれたバンクーバーを体で感じられますmist
バンクーバーでの滞在日数がゆっくり取れた場合、この公園にいらっしゃるのもオススメですsign01


その広い公園をサッと抜けて、海を渡って北上するために、橋を渡ります。
橋のたもとにライオンが座る「ライオンズゲートブリッジ」です。

Photo_16


橋の上。

Photo_17


この橋を渡ると、ノースバンクーバーと呼ばれるエリアです。
こちらからは、さきほどまでいたダウンタウンが望めます。
そのノースバンクーバーから少し離れると、早くもこんな景色。

Photo_18


Photo_19


下の写真に小さく写っているのは、この先も沢山見ることになる、キャンピングカー。
レンタルでキャンピングカーの旅行をされている方が多く、同じデザインのをいっぱい見ました。
この辺りは、線路と道路が並走しています。

Photo_20


おぉ〜sign01雪山だsign03

Photo_21


この辺りは、「Sea to Sky country」と呼ばれているそうです。
海から空へ・・・本当に、ドライブ好きにはたまらない景色を見ながら走れます。

途中、「Squamish Adventure Center」で、コーヒーブレイクcafe
Squamishというのは、この辺の地名で、元々は先住民の種族名に由来するようです。
今では、ウィンドサーフィンやロッククライミングの名所として、その道の方々には知られているようです。

Photo_22


カナダは、先住民との結びつきや、彼らの持つ文化を尊重しているようで、中でもブリティッシュ・コロンビア州では、あちこちに、先住民にまつわる物が置いてあり、私たちも目にすることができます。
このアドベンチャーセンター前に飾られているのも、カナダ極北の先住民、イヌイットのオブジェ「イヌクシュク」だと思います。
イヌクシュクは、2010年、バンクーバーで行なわれた冬季オリンピックのマークにもなりました。

ドライブの途中、道路の脇にちょっとひと休みできるようなスペースがあり、そこにも、Squamishと呼ばれる先住民のことが書かれていました。
右側の一行目に見られる文字も、英語とは違い独特ですね。

Photo_23


今日は、到着翌日で、慣れない車で慣れない右側運転をするので、ドライブ距離は短めに予定しています。

間もなく、スキーリゾートとして有名なWhistler(ウィスラー)を通過したら、目的地まであと少しです。


« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その2 バンクーバー到着 | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その4  »

旅行」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとう!
素敵な風景の写真がいっぱいだね。
私たちもいつか「カナダ」行きたいねって話していますよ。
今日のJーWAVE「バンクーバー」へのイメージトリップやってます。
世界で一番暮らしやすい街「バンクーバー」だそうです。

J-WAVEで、バンクーバーの放送してたんだね!
お知らせありがとうsign01

「暮らしやすい」ってよく言われるけど(世界中からの移民が多く、異なる民族や習慣を受容する社会で、他民族なぶん食文化も豊富。冬は雨が多いし、夏は短いけれど、気候はそれなりに温暖。緑と水に囲まれた都市。)、実際に過ごしてみると、そんな受動的な表現にはおさまらない、素晴らしい環境だよ。
「ここに住めて毎日幸せだな〜」って感じられる、数少ない場所のひとつだと思うheart04

tataちゃんご夫婦も、もちろん、いつか行ってみてhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/47225829

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その3 山へ向かって出発!:

« 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その2 バンクーバー到着 | トップページ | 2012年の旅〜バンクーバー、ロッキー&ソウル〜その4  »