無料ブログはココログ

« 夫の特製カレー | トップページ | 残暑ざんしょ!〜バンクーバーの景色で爽やかに♪〜 »

2012年8月15日 (水)

結婚5周年記念ディナー〜菊地美升シェフ「ル・ブルギニオン」〜

このタイトルを見て、「あれ?こないだやってたじゃん、昼寝付きで。」と、思ったアナタは、素晴らしいポーレイ・ブログの達人ですcatface

こないだは、行きたかったお店がお休みで、自宅でのんびりお祝いしました。


そして、とうとうお出かけの日がやって来ました。

ちょうど、ブログ友達の妻さんご夫婦も結婚記念日でお出かけしたそうです。
妻さんたちは、結婚22周年sign03ステキheart04


今回私たちが出かけたのは、六本木にある「ル・ブルギニオン」。菊地美升シェフのお店です。

2009年のクリスマス、この本を夫にプレゼントしました。

1_2

菊地シェフのお料理がレシピ付きで紹介され、それと合わせたワインが選ばれている、読み物としても楽しめる本。そう思って贈ったのですが、まさか夫がその本を参考に料理を作ってくれるようになるなんてlovelygood


そんな憧れの菊地シェフお料理、堪能して来ました。


フロア・マネージャーのワタナベさんが、しっかりとメニューの説明をして下さいますので、お酒を飲みながら、これもいいけどあれもいいね、と夫と相談です。

Photo

この迷う時間も、楽しいんですよねhappy01
旅行の計画と似てるかもnotes


さて、諸々決まって、自家製オリーブ漬けや、グジェールを頂きます。

Photo_2


Photo_4


パン。温かいのを、バリバリッと音をたててわり、バターをつけて頂きます。

Photo_6


菊地シェフといえば、内蔵料理の名手でもあります。
内蔵料理、私たちは好きなうえに、どこでも食べられるわけではないので、今回はその辺りにしぼって、アラカルトでお料理を選びました。

前菜の登場です。

エスカルゴと骨髄、牛胃のロースト。

Photo_7

エスカルゴの弾力があって、かつ柔らかい感じ。牛の胃もそんな感じで、2つがさりげなく骨の中におさまっています。
赤ワインのピュレソースがピッタリ合います。


ブーダン・ノワール(豚の血)のテリーヌ仕立て。
りんごのソースが添えられています。ブーダン・ノワール好きの夫も満足のボリュームです。

Photo_9


ワタナベさんから伺った、メニューにのっけてないオススメ品。
魚料理はこれひとつをオーダーして、取り分けて頂きました。

1_4


岩塩の上にのっているのは、サザエです。
サザエの殻の中に、サザエの身はもちろん、イカやヒラメなどが具のブイヤベースが入っているんですsign01
アッツアツimpact

2


ガーリックの効いた、アイヨリソースも一緒にどうぞ。

Photo_10


お肉料理。

豚の顔の部分や耳などをかためて焼いたものと、豚の脳みそを焼いたもの。

Photo_11


切ってみると、こんな風です。
顔や耳は、ゼラチン質やコリコリがこんがり焼けて楽しい食感。
脳みそは、聞いた感じはビックリかもしれませんが、白子のようなホワっと感。

Photo_12


こちらは、豚の大腸を使ったソーセージ。中にも、内蔵を調理した具が詰まっています。
アンドゥイエットといいます。

Photo_14


ここまで頂くと、内蔵マニアな品ばかり選んだせいか、どっしり来ますcoldsweats01


チーズはパスして、デザートは頂きます。

温かいチョコレートのビスキュイ。フォンダンショコラです。

Photo_15


ココナッツのブラマンジェ。

Photo_17


最後に、小さなデザートが出て来ました。

かわいらしい密閉容器に入った・・・なんだった?・・・夫曰く、マスカルポーネチーズのデザート。
親指サイズのマドレーヌは、ねっちりしています。
四角いのは、塩キャラメル。

Photo_19

年に一度のイベント、楽しかったですshine

こういう楽しみを一年、一年、長く重ねていきたいです。

新しい本「1つの料理からひろがるフレンチ」を購入し、サインも頂きました。

今回のは、家庭で応用がたくさん効くような内容になっているそうです。
例えば、ポトフーを基本に、それをサラダやポタージュ、シチュー、グラタンと展開させるとか。
フロア・マネージャーのワタナベさんもご自宅でお料理の参考にされている、お勧めの一冊です。

2_2


« 夫の特製カレー | トップページ | 残暑ざんしょ!〜バンクーバーの景色で爽やかに♪〜 »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。この上のお勧めの本、わたしも買ってみようかな。それにしても、こういうシェフのレシピ本で、きちんとお料理をつくってくださるご主人様、羨ましいです。我が家にも一人いますが(笑)、うちのは、マーサ・スチュアートとかイナ・ガーテンもどきですが、プリゼンテーションが悪いんです。。。美味しそうに見えないんです。

これからも、ずっとお幸せでありますように、、、。本日のお料理のお写真の豪華さに、圧倒されましたよー。

モナちゃんnotes

この本、ワインとお料理、そしてその組み合わせにご興味があったら、読み物としても楽しいですよ〜!

モナちゃんとケンさんは、毎年ワイナリーにもお出かけしてらっしゃいますしねwink

ケンさんは、お料理マメにされるし、パイはみんなに大好評だし、すごいと思いますsign01

モナちゃんとケンさんも、これからもお幸せにねheart04

結婚記念日は年に一度ですから、豪華に行きましたshineといっても、他にもた〜くさんある豪華フレンチに比べたら、ずっとリーズナブルで、接客含めサービスもアットホームで、とってもいいお店です。

こんばんは。記念日ディナーに出かけたんだねheart02
先ほど主人に話したら、
「知ってる~!行ってみたいと思ってたお店だよ!いいな~。」って、話してました。
まずは、本が出ているなら、さがしてみようかな。

同じ日に六本木と恵比寿だったのね!
もう少しでポーレイちゃんご夫妻とすれ違って所だったかも。
そして、自家製オリーブやグジュール、ブーダン・ノワール、両店のシェフは同じお店で働いてたのか?と思っちゃったわ。
内蔵料理がお好きなんて、通だわね。
本も持ってて、食べに来てくれて、シェフも嬉しかったことでしょうね!!!
一緒に写真も撮ってもらった?

tataちゃんmoon3

お!旦那様、ご存知でしたか!
興味があれば、ぜひぜひnotesオススメのお店です。
接客も楽しく感じよく。お料理も興味深いよ〜happy02
きっと気に入ると思うよnote

妻さんheart

同じ日に恵比寿と六本木でしたかsign03
妻さんご夫婦とすれ違えば、バッチリ分かりますねcatface

ほんとに、どちらのお店のお料理内容も、似てますよねsign01
ナイフも、ラギオールだったんですよ。

ハイ、写真も撮って頂きましたscissors
シェフは毎回、お客様をお外で見えなくなるまで見送って下さいますshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/46701023

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚5周年記念ディナー〜菊地美升シェフ「ル・ブルギニオン」〜:

« 夫の特製カレー | トップページ | 残暑ざんしょ!〜バンクーバーの景色で爽やかに♪〜 »