無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

魚の日

うちは夫も私も、お肉大好きですが、魚も好きですmist

幸い近所に、鮮魚が安く買える魚屋さんがあるので、魚の日はそこへ買い物に。

今回は、ヒラメのあら(頭や骨の部分)が150円sign01だったので、頬など美味しい身がある場所は煮付けにし、骨の部分は汁に入れました。

半端部分のあらであっても、さすがヒラメ、いい身です。

それに、いしもちを塩焼きにしました。

ウロコを取って、お腹を開けて、とお掃除していたら、こんな立派な針が出て来ましたsign01

Photo


いしもちは、塩焼きでもいいけど、オリーブオイルを使ってかりっと焼くのが、さらに合いそうでした。


週末がやって来ましたね。そして、6月も終わりです。

みなさんも、良い週末をお過ごし下さいwave


2012年6月27日 (水)

お出かけ&クイズの答え

夫が仕事で長年のお付き合いがあり、今や信頼関係で結ばれている、大事な方がいます。

その方のお誘いで、東京の高田馬場にある串揚げ店で、夫婦2組でお食事しましたnotes


何種類ものタレ、塩、マヨネーズが並んでいます。

1


じゃ〜んsign01

2

揚げたてアツアツ!急いでのみこんでしまいますsweat01
ちょっと待ってればいいんだけど、みんなが美味しそうに食べてるので、ついまた手を出して「熱いimpact」をやっちゃいます。


このザルに、4本ずつ4人分がのっています。
1組4本の中で、1番端のまるっこいのが、お肉にフォワグラとトリュフを巻いたもの。
これが、トロリとして、美味しいsign01

3


居酒屋さんなので、タバコを吸う方もけっこういらっしゃいましたが、なんと私のすぐ後ろの棚に、これがsign03

4

妻さんが下さった、プラズマクラスターの大きい子ではないですかhappy02


相手のご夫婦は、それぞれ専門のお仕事に邁進されていて、優しく熱い性格!
楽しい時間を過ごしましたheartありがとうございました。
格闘技界で活躍されている、その旦那様のサインもありました。

5


さて、今回は、翌日も朝から仕事なので、年を重ねた体力の衰えを睡眠でカバーする私たちは、都内に宿泊しました。
目白駅から近い、リッチモンドホテル東京目白です。
建物は古いですが、スタッフの感じが良く、備品も必要な物が揃っていて、手頃で(公式ホームページから、ダブル1部屋9000円で予約しました)、気に入っているホテルチェーンのひとつです。

その部屋にも、これがsign03

1_2

加湿機能も付いた、プラズマクラスターですshine


どこに行っても、この子たちが一緒に居てくれる・・・cryingheart04


ところで、クイズに苦戦している、みりんさ〜ん、夫の仕事の名称は、「柔道整復師」といいまして、巷にあふれる「整骨院」なるものをやっています。
そういう人たちは、スポーツ選手など、プロ・アスリートの体のメンテナンスをお手伝いすることも多く、前回の日記のコメントで妻さんがおっしゃっていたように、バレーボールチームなどに所属している方もいらっしゃいます。

例えば、格闘技だったら、普段の練習で体に故障が出ればその治療をし、試合当日は一緒に会場に居て、試合前の体の状態を良くしたり、試合後のケガや痛みのケアをします。
それらの技術的な面に加えて、メンタル面でも頼りになる存在であるよう、心掛けています。

みりんさんの旦那様に、プロレスラーじゃないよ!ってお伝え下さい。

みりんさんの旦那様のお仕事は何でしょうね〜(これは私へ頂いてるクイズです)。
コンピューター関係?プログラマー?システムエンジニア?
なにかな〜?


2012年6月24日 (日)

週末

皆さんは、どんな週末をお過ごしでしたか?

我が家は、金曜日の夜にバンド仲間の2人がやって来て、先日のライブのお疲れさま会と、メンバー全員の誕生会(5月と6月ばかりなので)をしましたnotes

料理はうちで担当。2人には何か1つずつ持参してもらいましたwink

2人とも、お菓子を持って来てくれたので、食後に頂き、楽しい時間を過ごしましたwine

土曜日は、そのメンバーとのスタジオ練習note

9月か、もしかしたら10月になるかもしれない予定のライブに向け、新曲4曲をざっとですがやってみましたsign01

そして今日、日曜日は、夫が仕事。私も一緒に行って多少役立つ内容だったので、一緒に行きます。

さて、最近、ブログ仲間のみりんさんとお互いの夫の職業あてクイズをしていますsmile

みりんさんへ、ヒントですflair

夫の仕事道具の棚がこちら。

Photo

そういう荷物を、こういうバッグに入れて持ち運びます。
工夫して、バッグの中に仕切りを増やし、使いやすくしているところです。

Photo_2

こういう、商売道具を持ち運びながらする仕事ばかりではないのですが、こういう時もありますという例です。

みりんさんも、ヒントくれるといいな〜catface


明日からの1週間で、いつの間にか、6月も終わりますねsign01

梅雨というほど雨が降ってないみたいだけど、これからどんな夏になるのでしょうか。


2012年6月20日 (水)

台風の後

昨日の日記を書いた頃には、単なる雨降り程度だった台風。

寝る前には、ガラスを滝のように流れる大量の雨と、ビュービューの風、という状況になっていました。

キケンがありそうで心配な鉢植えだけ室内になんとか入れて(台風の予報の時は、先に入れてないと大変ですcrying)、でも、レモンは大きいのと安全に設置してあるのとで、「頑張って」と思いつつ外置きのまま就寝。

朝・・・すっかり静かな外の様子です。

ん・・・あsign01レモンがないsign03
たった1つきりだったレモンの実が、きれいに取れてなくなっていました。


Photo_2


成長途中だったので、収穫できるまでにはまだまだ時間がかかったと思いますが、残念shock

台風じゃなくてもベランダでの風が強いせいか、葉っぱもずいぶん傷んでしまい、増えても来ないようなので、もしかして、このレモンの木ダメになっちゃうんじゃないか、という思いも頭をかすめます。

でもね、よ〜く見るとsign03

つぼみがshine


Photo_3


ちょっと赤みがかった、丸い部分です。先端ではありません。


さらに、新しい葉っぱもsign01


Photo_4


ちゃんと新陳代謝が行なわれて、中では準備がされてたんですね。
ダメかななんて思って、悪かったなthink


強風にあおられ、強い雨にあたると、シソなどの葉っぱものは傷んじゃうようです。
あわれな様子になっていました。

丈が高くなって来ていたフェンネルも、げんなりしています。
でも、そのフェンネルの先にも、花とおぼしきものがついています。


Photo_5


そして、四季折々に色を変え、花をつけ、目を楽しませてくれるクランベリー。
実がなって来ましたよnotes(生食は美味しくないです)


Photo_7


みんな普通に、みんな頑張って生きています。


2012年6月19日 (火)

こんな雨の日は

昨日は「暑いね〜」と言葉が出るくらいのお天気でしたが、今日は台風が接近中typhoon

近畿、東海地方は今日の夕方頃上陸し、そのまま日本列島を縦断するかもしれない予報。

関東地方はまだ風が強くないので、マンション住まいでベランダに鉢植えを置く身としては、まだ慌てずにいられますが、今後、様子を見て気をつけていないとeye


夫が仕事で、しとしと雨降りの今日は、いつもはしていない場所の掃除に取り組みました。

各部屋の壁に「24時間換気システム」と書かれた、外気をフィルター越しに取り入れる箇所があります。
パコッとはずして、中のフィルターを掃除。

お風呂と、脱衣所、トイレにも、別のタイプの換気フィルターがあるので、それらも外して洗います。


キッチンの壁はタイル張り。全体をよくふきます。
料理の後、軽くふいてるので、それほどひどく汚れてはいませんが、最近自宅でしなくなった人が多い揚げ物も作りますし、お肉料理も大好きなので、やはりペトペトした脂とホコリがくっつきやすくなりますから、たまにしっかり掃除しておきますshine


それから、最近夫が片づけに熱心なので、私も自分の衣類をチェック。
沢山あるわりに、捨てられないものですよねcoldsweats01
でも、思い切って、ずっと着てないものは処分したいですsign01


掃除や片づけをしばらくしたら、休憩cafe
長年人気でありながら、私は最近ファンになった糸井重里さんとお仲間の「ほぼ日刊イトイ新聞」を読みます。
色んな思いや話や、考えが詰まっていて、インスパイアされます。


そして、その「ほぼ日」新聞で知ったなかしましほさんのレシピから、黒ごまスティックを焼きました。
これまで2回はレシピのように(だいたい)やり、今回は、米ぬかを混ぜてみました。
ミニ精米機で、玄米を精米した際に出る米ぬかを、一度フライパンで炒ってから、小麦粉と混ぜました。

なかしましほさんは、「ごはんのように毎日食べてもらえる」お菓子を作りたいと考えてらっしゃる料理家で、そのクッキーはバターなど重いものを使わず、生地を寝かせたりもしない、素朴な作りなので、思い立ったらすぐ焼けます。

我が家は朝、果物&ヨーグルトと、コーヒーと甘いものが常なので、最近はこのクッキー重宝しています。
(近所のお店にも、美味しい焼き菓子を作るいい所があるんですよ!そこに行くのも大好きですwinknotes


夫が帰って来た頃、クッキーも焼けましたnote

Photo


2012年6月18日 (月)

Lake O'Hara(レイク・オハラ)への切符

今年の旅行先は、カナダと決め、こんな日記を書いたことがありました(カナディアンロッキー旅行〜ここに行きたい!Lake O'Hara〜)。

そのオハラ湖への、定員制のバスの予約開始日が、日本時間・昨日の23時でしたsign01

バスの予約は利用予定日からちょうど3ヵ月前(オハラ湖に行きたい日付の、3ヵ月前の月の同じ日にち)にスタートします。

そこは、「マウンテンタイム」という時間が流れているので、この季節の日本との時差は15時間です。
事務所で電話受付が始まるのが、朝8時。こちらでは、同日23時というわけです。

23時に向けて、国際電話の番号や、クレジットカードを用意しておきます。

かけたのは、ちょうど23時になった辺り。

「ツー、ツー、ツー・・・」早くもお話中の音shock

いや、開始早々だからこそ、電話が殺到しているのかもしれません。

すぐに受話器を置きなおし、もう一度かけます・・・ツー、ツー、ツー・・・。

これをこの後、50分間繰り返すことになり・・・この電話、本当に通じるのかな、などと不安に襲われつつ・・・。

途中、「リダイヤル」とか「電話帳・短縮」という電話本体に書かれた文字にも心惹かれましたが、普段使っていない機能なので上手く使えません。
そんなことしてる時間がもったいないので、ひたすら繰り返して番号を押し、かけつづけました。

50分後、自動のアナウンスが流れましたsign01
英語かフランス語かを選び、用件(オハラ湖へのバスの予約)を選びます。

レイク・オハラへのバスの予約ができる番号であることや、予約は3ヵ月前からしかできないよ、という注意を聞きながら、しばらく待ちます。

そして中年女性の声・・・「はい、ご用件は?」

「日本から電話してます(ネイティブじゃないってことで、相手に心の準備をしてもらうための前置きです・・・smile)。バスの予約をお願いしたいのですが。」

「はい。では、今までに予約をしたことがありますか?」(すごくハッキリしゃべってくれた感じでした)

「ありません、初めてです。」

「OK。では、あなたの氏名を伺います。最初に、姓をお願いします。つづりで言って下さいね。」
「では、名前の方をお願いします。つづりで言って下さい。」

「住んでいる街は?」
「埼玉県です。東京の隣です。」
「・・・う〜ん、東京にしていい?係が分かりやすいようにするために。」

「支払いはカードなんだけど、マスター?ビザ?それとも・・・」
「バスの時間は、8時半と10時半のどっちにします?」

なんていうやりとりをし、一度彼女が、「あ!何なの?!あぁ・・・そんな・・・ごめんなさい・・・。」なんて言うので、こっちも「な、なんですか?!・・・(もしかして、その時間はもう満席だった?!いや、その日はもういっぱいだったなんてこともあるのかも!!)」と、緊張しましたが・・・

「ごめんなさい・・・あなたのカードの番号をもう一回言ってもらわないといけないの。私、入れたんだけど、どうもこの機械がね・・・はぁ〜〜〜・・・じゃあ、もう一回言ってもらっていい?」なんていうことでした。
「あぁ、そんなことぜ〜んぜん問題ありませんよ!言いますよ〜。」と、安心の反動で、やけに愛想のいい感じに。

「はい、じゃあ予約の確認はe-mailで送りますから、プリントして当日持って来てね。では、9月17日月曜日、8時半に会いましょう!」

「ありがと〜〜〜!サヨナラ〜〜!」

ということで、実際に電話で会話した時間は、5〜6分でした。

その後、予約内容が確認できるメールも、無事に届いていましたgood


よかった〜happy01これでレイク・オハラまで行くことはできそうですsign01


懸念されていた「仕事が入ってしまうかどうか」という問題も、どうやらクリアできそうです。


あとは、健康に気をつけてnotes

これから調べたいのは、時差ボケの解消法です。

旅行好きな皆さま、海外出張の多い方々、特に日本から北米に向かう時、どんな対策をされていますか?

何かおすすめの方法があったらぜひ、教えて下さいsign01


2012年6月13日 (水)

最近のお気に入り(耳栓、プラズマクラスター、タンドーリチキン)

梅雨入りした関東sprinkle

なんだか昔の方がじめじめして過ごしづらかったような感じがするのですが、今年は気温が低いからかな?

さて、最近、睡眠時に愛用しているもの・・・

1_3

耳栓ですsign01


お隣のJR線路工事の騒音対策で使ってみたのですが、よい睡眠を得るために役に立ってるような気がします。

今のところ、夜中に起きる回数が減った気がするのと、一度目が覚めてからもう一度睡眠に入るのがラクになった気がします。

カバン持ちさん、ありがとうございます(カバン持ちさんが耳栓をお使いだと聞いてから、気になっていたことなので)。


100円ショップで、今使ってるのとは別のタイプの耳栓を見つけて、買ってみました。

2


そして、鼻がつまったり、のどがイガイガする日、こちら使ってみましたnotes

Photo

妻さんから頂いた、プラズマクラスターマイナスイオン発生機sign01

涼しい風のような空気が送られて来て、ホコリっぽくないような感じ。

つづけて、効果を感じてみたいと思います。


妻さんのレシピから、好きな料理のひとつ。タンドーリチキンです。

Photo_2

鶏胸肉が、しっとりと焼けますhappy01


2012年6月 8日 (金)

眠れぬ夜と、遅れて届いたプレゼント

眠れぬ・・・といっても、悩んでるわけじゃないんですが、そもそも寝付きが悪く、夢をよく見て起きた時にもよく覚えてるタイプ。
暖かくなると網戸にして、風を入れながら過ごすのが好きですが、夜中に外がウルサイと目が覚めちゃう。

それなのに〜、最近、すぐ隣の駅で、線路の工事が行なわれていて・・・うるさ〜いbearing
今までも、夜中、電車が通らなくなってからの補修工事みたいなことや、点検みたいなことは目にしたことがあり、そんなに長くつづかないものだったのに、今回は連日連夜ですshock

何をしてるのか〜。

たいてい、夜中の2時くらいに物音で目が覚めるのですが、夕べはそろそろ終電が近づいて、まだホームに灯がついているうちから、作業が始まってました。

1


聞こえて来るのは、「ジャリッ、ジャリッ」(砂利を歩く音?)、「パシャッ、パシャッ」(砂利が飛んだり、ホウキみたいなものではいてどかすような音?)、「カラン!カラカラカラ〜ン!!」(線路に使っているような金属を、落としちゃった音?)、「お〜い!」(作業員同士が呼んだり、話したりする声!!)・・・「ドガガガ〜〜〜」(ドリルを使うような音)、「キキキキキーーー!」(車輪がついた重そうなものが転がる音)・・・。

こういうのが、夜中の2時、3時に聞こえて来ると・・・ご苦労様です・・・でも寝られないの・・・ウルサ〜〜イ!!って気分になってしまいます。

何してんのかな?

2


朝見ると、ホームより手前にある、新幹線が通る場所をいじってたようです。

1_2


よく見ると、向こうの壁になってる部分と砂利との間に、作業道具が隠されてるようなので、また今夜にでもつづきをするのかもしれませんcoldsweats02

2_2


そんな時、最近、カバン持ちさんのブログで読んだことで、心に残っていたこ・・・耳栓・・・を試してみようかなと思いました。
確か、カバン持ちさんは、普通の睡眠時に、耳栓を使用されていると伺ったように記憶しています。

そして、実際使ってみると・・・

イイsign03

うるさい騒音も、遠くに、かすかに聴こえる程度で、覚醒するほど気になりませんgood
これから、窓を開ける夏に活用できそうですhappy01

それにしても、夫は同じ場所にいても、耳栓もなくよく眠れます・・・修行が違うんでしょうねsmile


そんなアレルギーだったり、寝不足だったりしたポーレイさんに、あっと驚くプレゼントが届きましたsign01

夜遅い帰宅で、宅配ボックスに何か届いていたんです。

差出人は・・・愛されている妻さんsign03

ピンクの袋。そして、「ガムテープまでピンクにしてあるのがスゴイね!」と夫。本当だ!

Photo


中には・・・

バースデイ・カードと、プレゼントがshine

頂いたのは、「プラズマクラスターイオン発生機」sign01と、フォンダンショコラの石けんsign01

Photo_2


プラズマクラスター、マイナスイオンを出してくれ、アレル物質を除去したり、肌の潤いを与えるのにもいいそうですclover

Photo_3


わ〜〜〜shine
誕生日はもう終わったと思っていたところに、突然頂いたお祝いメッセージとプレゼントsign01

私のアレルギー症状を軽減したいと思って下さったのでしょう。メッセージに「気休めかもしれないけど、ポーレイちゃんにきれいな空気をお届けしたくて。」と、書いて下さってました。
妻さんとは去年、ランチをご一緒したことがありますが、お会いしたのはその時だけです。
それなのに、こんな優しい心遣いを頂いて。ありがとうございますheart

そして、私と同じくらい、夫もこの突然の贈り物に感心したり喜んでいましたwinknote


2012年6月 7日 (木)

若人の訪問&作ってみました(なかしましほさんのごまクッキー、妻さんのチキンマリネのオーブン焼き)

この日、私たちにとって大切な人物だけど、私は初対面の若者が、我が家を訪ねてくれました。

気取らず、食べごたえもそれなりにあるものを作ろうと・・・サラダ、スペアリブと新じゃがの中華風煮込み、若鶏の唐揚げ。
デザートに、先日覚えたばかりの、Fumiちゃん直伝「ミックスベリー・スニッカー・ドゥードゥル・クランブル」(Fumiちゃんのページでレシピが見られます)。

サラダは、しっかり水を吸わせます(葉がシャキッとして、ドレッシングがベシャッとせずによくからみます。吸わせた後の水切りをしっかりします)。
スペアリブに塩コショウして、焼き色をつけます。

1


2


あとは、酒、オイスターソースや五香粉などを好みで加え、コトコト煮詰めます。

3


デザートは、小さなココットに1人分ずつ作りました。

Photo


若人は、まだ21才ですが、礼儀正しくて、人の目を見て話を聞く、素直な人でした。
若い人なりに、色々なことを考えようとしていて、話していて楽しかったです。


最近、糸井重里さんとその仲間たちのHP「ほぼ日刊イトイ新聞」、通称「ほぼ日」を拝見しています。

中でも、料理家のなかしましほさんに、ツイートで済む範囲の簡単レシピを教わり、みんなでそれを作ってみる、という企画「ちいさなレシピを1ダース」と、同じくなかしまさんに、これまでの料理本にないくらい丁寧な指導を受けながらお菓子を作り、それを丸ごとのっけるという「とてもくわしいおやつのレシピ」が、気に入っています。

とてもくわしいおやつのレシピから、クッキーの基本だから何度も作った方がいい、となかしま先生もおっしゃっていた「黒ごまスティック」を作りました。

初めの1回は、上出来とは言い難いですが、このクッキーの素朴な美味しさはしっかり感じられました。何度も作ろうと思います。
材料もシンプルなら、作り方もとっても簡単です。皆さんも是非!
なかしまさんがモットーにしている、「ごはんのように毎日食べてもらえるクッキー」が、そのまま形になったクッキーだと思います。

Photo_2


そして、愛されている妻さんが教えて下さったレシピの中から「チキンマリネのオーブン焼き」をマネしてみましたnotes

すっかり、鶏と玉ねぎを焼いてると思い込んでいた私coldsweats01
妻さんのは、ジャガイモでしたね。
玉ねぎも美味しかったです。

Photo_3


クランベリーのお花が咲いたことも、お知らせしま〜す。
見づらいかな、とっても小さくて、下向きに咲いています。
花びらがクルンと外に、ちょっと上向きにそりかえって来て、かわいらしいです。

Photo_4


2012年6月 3日 (日)

平日だけど休日&アレルギーの話

このところ、週末は土日ともに仕事がつづく夫。

本人の疲れも取ってリフレッシュしたいところですが、私の充電(夫との時間)もさせてやらないと、ぅえ〜んcryingと泣き出しかねません・・・。
これ、冗談だったらいいのですが、最近ブログを通して交流のあるみりんさんの誤解のためにも、言っておかないと・・・coldsweats01
みりんさんは、私たちを「大人ムードな素敵なご夫婦」(みりんさんのブログへのコメントで頂いたお返事より)と、勘違いされてるようなのですが、決してそんなことはないです・・・残念ながら。

私の思う、大人ムードな素敵なご夫婦は、やっぱり旦那様の色んな時を、黙って支えられるバンクーバーにお住まいのあの方や、旦那様が英国人のあの方、それにみりんさんと同じくシンガポールにお住まいのあの方かなぁ。

転じて、我が身に目をやるとですね、黙って支えるような器量の大きさが未だ無く・・・充電させてもらわないと、ぅえ〜んcryingなんですね。

まぁ、そんな私のことはサラッと流して頂いて、平日にフリータイムを作れました。

午後3時になろうとしていましたが、夫が遠出に連れて行ってくれましたcar

あいにく、くもったり、雨が降ったりの空でしたが、緑が潤って美しいです。

1


2


国道から、遊歩道がのびており、タスマニア旅行以来、すっかり山&自然が好きな夫が歩きたいと言いますhappy01

もみじの緑の葉がキレイです。

3_2


落石防止のネットが、一部なくなっていて、大きな木が落ちかけていましたbearing

4_2


めったに人の来ない場所なのかもね、なんて言いながら、ごく短時間でしたがお散歩。
なんと、渓流を越えた対岸の崖に、鹿の姿を見つけることもできましたsign03
周囲には、もみじだけでなく、スギも植わっていたし、沢山の木、木、木。

ほんの少しの時間でも、緑の中に包まれ、自分の足で歩くと、ずいぶんリフレッシュできましたshine
「また来ようね!」と、次回を楽しみに帰りました。


明けて翌日・・・元々、子供の頃からアレルギー性鼻炎の私。
ハウスダスト、動物の毛、スギやヒノキ、ブタクサ、まあアレルギー性鼻炎の検査で出て来るありとあらゆるものに反応し、その数値もお医者さんが笑ってしまうくらいの、ブッチギリです。
この日、最近しばらくは体験しないくらいの、すご〜〜〜いアレルギー反応が、朝起きてから寝るまで、ず〜っとつづきました・・・shock

どうなるかというと、まずクシャミ、鼻づまり、鼻水。
鼻水は、サラサラと、びっくりするくらいの流れっぷりです。
マスクをしてみましたが、くしゃみひとつでマスクを取り替えないといけないくらい鼻が出ます。
鼻の中がかゆく、段々と、首から胸にかけての呼吸器官が熱を帯びて来て、呼吸も苦しいです。
たぶん、炎症から来る症状だと思います。

でもね、昨日、山にいる間はなんともなかったし、帰ってからも大丈夫だった。
こんなに時間がたってから、こんなに強い反応が出るものかな・・・と思いますが、山に行ったことくらいしか思い当たらず、しかも、普段でも花粉が多い日の外出後、その夜や翌日(自宅にいる時間)にアレルギー症状が強く出ることがあるように感じていました。

そういう時は、インターネットです。

調べてみると・・・あ!これだ!!と思う記述が見つかりました。


アレルギー性鼻炎、花粉症など、アレルギーによる炎症には、「二相性」があることが、これまでの研究で分かっているそうです。


ひとつは「即時相」。例えば、スギ花粉が飛んでいる場合、スギ花粉症の人の鼻や目の粘膜にある「IgE抗体」という物質がその花粉とくっついて、それが刺激となり、「マスト細胞」と呼ばれる細胞からヒスタミンを始めとする化学物質が出て来ます。このヒスタミンが、くしゃみやかゆみなどの症状をもたらすのですが、これは、異物を外に出そうとする働きなのです。
ヒスタミンによるこの症状は、花粉がある時にすぐ起きるので、即時相の反応と呼ばれます。
一般にアレルギー性鼻炎や花粉症の症状として扱われるのは、この即時相のことが多いようです。


もうひとつが、「遅発相」。こちらは、スギ花粉などアレルギーの原因として「IgE抗体」と結合する「抗原」が体内に侵入して8時間〜2日後に起こる反応で、即時相よりひどい炎症を起こします。
つまり、遅発相は、即時相の症状がとっくに終わった、ずっと後に襲ってくる、重い炎症の症状です。
この炎症の主役は「好酸球」という細胞で、即時相の時の「マスト細胞」(ヒスタミンを出す細胞)よりもっと強い、組織を破壊する化学物質を出すそうです。


あぁ〜、これだ・・・これしか考えられない。
本当にひどくて、寝る前なんて、ぜんそくの手前くらいの呼吸器官の息苦しさがありました(即時相の症状として、ぜんそく同様の症状を体験したことがあります。その時は、多数の動物の住む部屋に長時間いたことが原因で、そこから離れれば、すぐに緩和されました)。


分かったのはいいけれど、症状が耐えられない程ではない限り、ステロイド(効くそうです)の使用などは避けたいので(アレルギーがひと通り暴れたら治るので)、マスクなどで予防したり、、山への訪問時期に気をつけたり(スギやヒノキの花粉が多い時を避ける・・・正確には私のようなタイプの場合は、冬以外、常にアレルギーを引き起こす植物の花粉が飛んでいるようですshock)、最後は、翌日には何も予定を入れないでアレルギー症状が出てもただ休んでいられるようにする・・・という対策を取ろうと思います。
山には行きたいのですsign03


2012年6月 2日 (土)

私の庭

「庭」なんて言ってみましたが、マンション暮らしで、庭はありませんcoldsweats01

いくつか鉢植えのグリーンをかわいがってますclover


風薫る5月、緑も美しく・・・のはずが、今年は天候が不安定で、今ひとつそんな雰囲気じゃないみたい・・・そう思っているうちに、5月も終わりですsign01


今日は、植え替え作業や、花が終わった蘭の手入れです。

蘭は、土ではなく、水苔を根に抱かせるようにして、素焼きの鉢で育てるのが一般的です。

鉢の中の根も、水苔でよくくるむようにしておきます。

今年は、みんな花を咲かせてくれました。来年も花が咲くように、それまでしっかり新しい根や葉が育つように。

植え替えたばかりの蘭たち。水苔もこびりついたままですが、しばらく風通し良くし、日の光も与えます。

Photo


今、よく咲いているのは、この紫の花。買った時は名前が書いてあったんだけど・・・忘れました。
ご存知の方、いらっしゃいますか?

Photo_2


謎のお花がもうひとつ。
これは、自然と生えて来た植物で、小さな小〜さな花がついた後、このような丸いのができて、種ができます。昨年、種を採取して、今年植えてみたら、再会することができましたheart04

Photo_3


こちらは、お友達に頂いた「オキナワスズメウリ」という、ツルになる植物です。
緑のカーテンにすることもでき、小さなスイカそっくりのカワイイ実がなりますsign01

Photo_4


ハーブもあります。こちらは、フェンネル。魚介のお料理に爽やかさを添えます。

Photo_5


大好きな、ローズマリー。羊の料理には、必需品ですね!

Photo_6


そして、気に入っているのが、クランベリーです。
クランベリーは紅葉しますが、一年中、葉が落ちません。紅葉した後の葉が、また緑に戻るんです。
さらに、赤くてかわいい実がつきます・・・が、生食には向かない味がしますbearing
観葉植物としては、常に葉がしげって、色まで変わるので、とてもいいですnotes
ちょっと茂みのようで、葉も丸みがあり、かわいいです。
ちょうどこの時期、つぼみがついていましたhappy01
去年、購入した時は既に実がついていたので、花を見るのは初めてです。

Photo_7

花が咲いたら、またご紹介しますねnote


« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »