無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

妻による夫の誕生会〜目玉はデザート!〜

先日は、夫によるバースデイ・ディナーを頂きましたが、いよいよ夫の誕生会を開催できる日がやって来ましたhappy01

正直なところ、夫ほど凝ってはいないと思いますが、今回、これだけはsign01これだけはスゴイぞsign03と、気合いの入る一品があるんですsmile

秘かにブログ「バンクーバー パティシエ女の日記」を読ませて頂いていたバンクーバー在住、料理人であり菓子職人でもあるFumiさんに、直々に教えを請い、頂いたレシピで作る夫の好物、ミックスベリーのクランブル。
その名も「ミックスベリー・スニッカー・ドゥードゥル・クランブル」ですsign03
(夫はこの名前を聞いて「カッコイイなぁ〜」と言ってましたdelicious

まずは、ゆっくりとお風呂に入って頂き、テーブルと音楽の用意ですnote
お風呂上がりの夕方からのディナーですので、まずは夫の好きなピアニスト、ユンディ・リさんの演奏を聴きながら、前菜2品を召し上がって頂きますbleah

最初に開けたのは、フランス在住の日本人、大岡弘武さん作の白ワインです。
以前、ワイン会で体験してから、大好きなワインです。

Photo_2

最初、冷え過ぎていたのか、味わいが・・・?でしたが、少したって来ると、複雑さや後味が出て来ました。


前菜1つ目。「紅ずわいがにとグレープフルーツのサラダ 自家栽培のフェンネル添え」。

1

グレプフルーツの果汁たっぷりのジュースも飲んでもらいます。
夫が柑橘類が好きなので、考えた品です。思いつきで作ったので・・・ワインビネガーを少量入れたような・・・気がします。

2_2


2品目。「アスパラガス・サラダ フラマンド風」。
これも実は、Fumiちゃんちのパーティー・メニューで拝啓しました!詳しい作り方は分からなかったので、ちょっと検索し、そこに書かれたのを参考に作りましたが、できた感じは「フラマンド風」風かなsmile

3_2

卵ソース、夫は気に入ってくれました。

卵がライ麦100%のパンともよく合いました。

Photo_3


メインは、奇をてらわず、2人とも大好きなラムにしました。骨付きすね肉です。
以前、煮込みではホロリとやわらかくなりましたが、ローストするとかたく感じたので、やっぱりFumiちゃんの記事を参考に、マリネしました。
でも、塩、コショウ、ローズマリーとフェンネルのみです(オリーブオイルも使用されてましたね・・・忘れてました)。
そして、レシピは、ジェイミー・オリバーの「Jamie's 30 Minute Meals」から。ラム肉だけでもけっこうなパワーなので、レシピにあったベーコンを使ったグレイビーを作るのはやめにしました。

オーブンに入れる前の様子。ラムはフライパンで全面焼いてあります。
ラムの周りには、生にニンニクとローズマリーをすりつぶし、ディジョンマスタードと白ワイン、ワインビネガーを加えたソースがからめてあります。
トマトは、熊本の「塩トマト」という種類です。

1_2


メインに移る頃に、赤ワインへ。ボルドーです。
偶然にも今日は、白も赤も2003年のワインでした。

Photo_4


焼きながら、ラムにからめたソースがまんべんなくつくように、たまにお肉を回転させ、グレイビーを作らないので、フライパンにこびりついた肉汁に赤ワインを加えて煮詰めたソースをまわしかけて、仕上げ少々を焼きました。

2


盛りつけは、前出のFumiちゃん記事をマネて、お肉を立ててみましたshine

Photo_5


ソースの見栄えが頼りないですが、お肉は、美味しくできました!!

メインには、スティービー・ワンダーの曲を聴きながら・・・デザートへと盛り上がりますnote

Fumiちゃん直伝、「ミックスベリー・スニッカー・ドゥードゥル・クランブル」、いよいよ登場ですsign01

1_3

1人分のグラタン皿に作り、出したら「これ、1人分?!」とちょっと驚いてましたが、だって、デザートがこのコースの肝ですから!

Fumiちゃんから頂いたアドバイス通り、インディビジュアルの容れ物に、好みで加えながら食べられるようアイスも添えましたnotes

「これ、うまいsign03」夫、絶叫。
「外がカリふわで、ベリーのグジュグジュと合わさって、美味しいね〜」、まさにFumiちゃんが言ってらした通りの表現!カリとグジュと、アイスの、三位一体を楽しんでらっしゃいますwink

「これは、外のお店じゃ食べられないね!」

やった〜〜〜〜大絶賛sign03Fumiちゃん、どうもありがとう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜heart

どれどれ、私も・・・

Photo_6

美味しい〜〜〜happy02オーブンから出て来たばかりのアツアツのクランブルとアイスのハーモニーnotes


Fumiさんについて、夫に、猛烈に忙しいにも関わらず今回のレシピを快く教えて下さったこと、どんなに情熱を持ってお仕事されてるかの話から、パートナーのフレンチーさんと三ツ星レストラン「アラン・デュカス」に行かれた時の話まで、熱く語った私。
2人で「Fumiちゃんありがとう!!だね!」と言いながらデザートを楽しみ、「本当のプロっていうのは教えてくれるんだね。」、「本当のプロにとっては、皆が美味しいものを楽しむっていうことが目標だからかもね。」なんて、盛り上がったのでした。

このレシピを実行したら、Fumi先生にお知らせさせてもらうことにしています。
素人ならではの、「え?!」な部分も多々あったと思いますが、遊びと思って許して頂いてcoldsweats01
また美味しいものを色々食べて、自宅でも遊びたいと思いますgood

ということで、この場でお礼を言わせて頂きます。

改めまして、Fumiちゃん、本当にありがとうございましたsign01
おかげさまで、バースデイ・ディナー満足してもらうことができましたhappy01
また、ブログで勉強させて頂きますshine

Fumiちゃんブログ「バンクーバー パティシエ女の日記」、ものすご〜い働きっぷりと、作り手から食べてへの思いに、圧倒&感心されつつ、パワーをもらえるお勧めブログ。
その上、美味しいもの情報も満載ですsign01


2012年5月27日 (日)

ライブしました♪ビストロ・ボヌール

当日の昼間、こんな虹が出てましたsign01

Photo

どういう気象現象で、こんな虹ができるんでしょうね。


ライブは、私たちが好きな近所のビストロ・ボヌールさんで、「もっとビストロを!もっと音楽を!楽しもう」というテーマです。

Photo_2


ビストロなんてなかったこの辺に、ビストロをオープンし、なんとか認知してもらい、根付かせたい!という熱い思いのシェフとマダム。お店は現在、無休ですsign01


ライブイベントには、ご予約を沢山頂いて、お店のキャパシティを越えていそうな、28名様がお集り下さいましたhappy01

当日は、イベントスペシャルメニューとして、盛り合わせのワン・プレートが出されます。

お席には、お客様ごとにお名前入りで、お品書きを書いたシートも敷かれていましたshine
歓迎ムードが高まりますgood

写真ではお皿の大きさが分かりにくいですが、かなり大きめの一皿に、色々なおつまみが並んでいます。

てっぺんがピクルス、右隣はパテ。揚げ物は、サツマイモのクロケットや、ズッキーニ。
上に戻って、サーモンのマリネ、人参のサラダ、お隣は玉ねぎのタルト。
玉ねぎのタルトは、1ホールを作るのに玉ねぎ3kgを使うという、手間ひまかけた品です。
一番手前が、鶏肉にマスタードやパン粉をつけて焼いたお料理です。

Photo_3


他に、追加でご用意できるお料理の種類と数も豊富です。
もちろん、ライブの時以外の、通常のメニューも豊富なんですよ。

Photo_4


ワインやお飲物も、通常のリストの他に、ライブ用にメニューをこしらえて下さいました!

Photo_5


なんと、日本では飲む機会が少ない作り手さんの白ワイン、赤ワインが、グラスで限定7杯ずつ。


色んなお楽しみが随所にちりばめられていて、美味しいもの好きなお客様をお2人でしっかりもてなして下さいましたshine

おかげさまで、ライブも、「またやって」という声を沢山頂けましたnotes

はい、また是非ともsign03よろしくお願いしますnote


2012年5月23日 (水)

金環日食

前回は、ディナー自慢におつき合い頂いて、ありがとうございましたsign01

沢山のコメント、嬉しいですheart04


おととい21日は、金環日食。

聞くところでは、東京で観測されるのは173年ぶり、また、特別な場所限定でなく、日本の中のこんな広範囲で見られるのは932年ぶりだとか。

なんてことは、後で知った私たち。

もちろん、観賞用メガネも買っておらず、朝7時半に待っている気持ちもなかったのですが・・・なんとなく気になる私、トイレに起きます。
夫はもっとも〜っと興味がないので、起きる気ナッシング。気にもなってません。

ベランダから人の声もするので、サングラスを手に、パジャマのまま出てみると・・・あ〜sign01なんかなってるみたい。

夫も呼んで、私はカメラを用意。

撮ってみましたnotes

2


昔、ドリカムの歌で聴いた「2012年の」「太陽のリング」。


この写真は、ダイヤモンドがついた指輪みたいに見えます(クリックして大きくできます)。

Photo


あっと言う間に終わってしまいましたが、お隣さんたちも盛り上がっている様子が聞こえました。

一瞬の不思議な自然現象、日食なんて知らなかったくらい昔の人は、どう思って見ていたんだろう。
でも、金環日食は、すごく暗くなったりはしないので、あまり気がつかないかも。
薄暗くなる程度で、太陽光は途切れないので、そのまま太陽を見てもまぶしく、分かりづらいでしょうね。

日本はこの日、金環日食の話題や写真で持ち切りでした!


2012年5月15日 (火)

夫の料理 2012バースデイ・ディナー

今や毎年最大のイベントと言ってもいいくらい楽しみな、夫によるバースデイ・ディナーですheart04

今年は、母が参加せず、2人だったので、お皿の合間に夫が次の料理を仕込んでいる間は、私1人で食事を楽しませて頂きましたnotes

準備段階で、食材を取り出してキッチンにそろえたり、パンを切ったりくらいはお手伝いしましたが、あとは居るとシェフの邪魔になるので大人しくしていますbleah

パンはタロー屋さんのパン。
長細いのが「レモン酵母のチャパタ」。
手前のは2つとも八重桜酵母(!)ですが、左側のがプレーン。右のは、少しだけ甘みがつけてあるそうで、どちらも気になるので、4分の1ずつ購入しました。

Photo

同じ酵母でも、ちょっと甘みのある方は、確かにそう!(笑)どちらも美味しいです。
どんな料理と一緒に食べるのかなどで、選ぶといいと思います。


さあ、スパークリングワインを開けて、いよいよお料理が登場ですsign01

「ウフ・ア・ラ・ピペラード」、ポーチドエッグ、生ハム、軽く煮込んだラタトゥイユです。

1

ポーチドエッグがとろりととろけて、煮込まれたパプリカなど野菜の甘み、生ハムの旨味が楽しめ、かつ、さわやかな前菜でした。

1_2


前菜は2品参りましたよ。

色鮮やかな、「アボカドとサーモンのタルタル」です。

2

見た目が華やかで、もちろん美味しいsign03


魚料理、「真鯛のオーブン焼き南仏風 トマトソース添え」です。

Photo_2

たっぷりのトマトソースで食欲増進。
次への期待も高まります。


お肉料理は、「骨付きラムのグリル きのこのソース」でした。
すごいですよ、肉塊って感じです。

1_3

ワインは、大岡弘武さんのオーガニックワインから、赤を頂きます。


ここまで私は、ラム少々を残し、完食happy01シェフは作ったせいかどれも少しずつ残して、ラムは食べたのが少しだけ。私の食べっぷりの良さを喜んでいましたcoldsweats01


でも、胆石手術後はめっきりお酒も弱くなったシェフと、普段からそんなに沢山は飲まない私は、ここまでですっかり眠くなりましたconfident

一度仮眠・・・

起きたらデザートですsmile


デザートは、目白のエーグルドゥースで夫シェフと、コース料理の後に合うように選びました。

「ケーク・オ・シトロンヴェール」です。

素敵な箱に入ってました。

1_4

ギュッとしたスポンジ生地、周りにコーティングがしてあり、ライムの香り。

1_5


1_6

個人的には、エーグルドゥースのケーキより焼き菓子の方が好みなようです。


今年のディナーも、素晴らしかったですshine
ありがとうheart04


毎年、見て下さるみなさんも、ありがとうございますhappy01

みなさんも、今年も最高のお誕生日を過ごされますようにshine


2012年5月13日 (日)

誕生日

私事ですが・・・coldsweats01

Happy Birthdaysign01

カードがいくつも届きました。ありがとうございますheart04

Photo_2


皆さんお待ちかねの(!?)、夫のスペシャル・ディナーは、明日ですsign03

買い物に都内へ。

このスーパーからは、東京タワーがよく見えます。

Photo_3


目白の名店、「エーグルドゥース」で買った、ショソン(りんご紅玉を皮ごと使ったりんごパイ)と、カヌレを車内で食べましたnotes

かじりかけでごめんなさい・・・ショソン。

Photo_4

カヌレ。

Photo_5


タロー屋さんでパンも買いました。

1


今日は予約しておらず、思いついての訪問です。
ショーケースの中から選びます。今日から販売の、八重桜酵母のあんぱん(秘かに販売を楽しみにしていました)は、初日の人気で売り切れです。

2

今日も予約の袋が並んでいますが、その下に、酵母たちが並んでいます。
きれいですね。

3


カンパーニュを切って下さる、タロー屋さん奥様。今日も旦那様はお忙しく、お顔は拝見できませんでしたが、奥様はいつも通りあったか笑顔で迎えて下さいました。

4


さて、今日は和食(鮭や納豆ですhappy01)。明日は、夫のスペシャル・ディナーnotes

誕生日なのでデザートだけは頂きましょうcafe

エーグルドゥースのケーキです。

左が、フェレノワール・ア・ラ・ピスターシュ。上がピスタチオのクリーム、下には何層にもチョコレートやチェリーの入ったクリームや生地が重なります。

右は、サヴァラン・オ・ロム。サヴァランなんですが、これが今まで食べたことがないくらいの洋酒漬けでした!!クリーム部分は、マスカルポーネです。

Photo_6


うちからかろうじて見える東京タワー、今日はいつもとライトアップが違いますsign01
下3分の2くらいが、ブルーです。

Photo_7


明日を楽しみに、眠りにつきました。


2012年5月 8日 (火)

ゴールデンウィーク2012 後編

お友達のお家には、15時の集合。
昼食がまだだった私たちは道中腹ごしらえをし、買い物したりで、ちょっと遅刻sweat01
到着すると、他にお招きされていたもう一組のご夫婦と、ドイツ人留学生は既にいらしていて、私たちも美味しそうなお料理に迎えられました〜shine
もちろん、頂きま〜すheart04

Photo

鮮やかな彩りのサラダ。
ワイングラスの向こうに、タロー屋さんのパンですnote

タロー屋さんのパン、さすが香りがよく、三種の柑橘のピールも好まれ、また、生地のしっとりもちもち感に、皆さん驚かれていましたhappy01

このお友達のお家、建築家の方と何年も構想を練って造られたと伺いましたが、それも納得のステキ住まいです。
吹き抜けのように、空間の広さを感じるスペース。すべてが気持ちの良い手触りと香りの木でできています。
お住まいになっているご夫婦が、これまた素敵カップルなので、そのお家も「やっぱりね〜。さすがだね〜。」と言いたくなります。

1


その上、お2人とももてなし上手notes
この日は、旦那様がお料理担当で大活躍して下さり、奥様がみなさんの飲み物への気配りや、片づけをどんどんやって下さる縁の下の力持ちでした。

ひよこ豆と目玉焼きのお料理。外食された時のお料理をヒントに、旦那様が創作。
目玉焼きは崩して、ひよこ豆とまぜまぜ。

Photo_2

シンプル!美味しい!

Photo_3


そして、旦那様の得意料理!待ってました、タジン鍋sign01
鶏肉や野菜、レモンやスパイスの入った、蒸し焼き料理。モロッコ料理です。

Photo_4

見た目も華やかで、蒸し焼きにした旨味たっぷり。レモンの風味が爽やかです。


こちらは、もう一組のカップルの奥様が焼いて来て下さった豆腐パン!
粉と豆腐とお塩などを混ぜて簡単に焼けると教えて下さいました。
旦那様が「素朴な味です!」とおっしゃってましたが、確かに素朴で、後を引く美味しさ。いくつも食べてしまいます。
茶色の方は、きな粉入り。香ばしいです。
これらに、好みでアカシヤのはちみつや、メープルシロップをつけます。

Photo_5


みなさん、体の仕組みや、メンテナンスにご興味があり、話が盛り上がります。
席を立ち、それぞれストレッチを試してみたりも。

居心地のいいお家で、美味しいものを頂きながら、楽しい方々とおしゃべりして過ごすと、時間がたつのも感じません。
今回も長居coldsweats01

最後に、オーガニックのバニラアイスクリームを頂きました。

Photo_6


ご自宅にお招き下さったご夫婦からは、健康食品から音楽、宗教や文化についてまで、いろ〜んなことを教えて頂いてます。さらに、こうして、またお会いしたいなと思う方々との出会も頂いて、感謝ですheart
ご一緒頂いたご夫婦と留学生の方にも、感謝ですheart

Photo_7


ゴールデンウィーク残りの祝日は、大事なお仕事sign01
そちらもしっかり頑張りました。


2012年5月 5日 (土)

ゴールデンウィーク2012

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?

あいにくずっとお天気が悪かったですが、とうとう今日は晴れましたsign01
洗濯は昨日してしまったので、空模様を見ては、取り込んだり、また出したり・・・手間がかかるわりにはパリっと乾かきませんcrying晴天以外の洗濯は大嫌いですpoutが、やむを得ず。

ゴールデンウィークの前半は宮城へ行きました(閖上(ゆりあげ)地区の様子)。
あるグループに参加して、仮設住宅にお住まいの方々と楽しい時間を共有しに出かけたのです。
夫はマッサージやハリの方々と一緒に施術をしたり、私は友人に教わりながらアロマのハンドマッサージをさせてもらってnotes歌のグループにも混ぜて頂き、ゴスペルソングや、上を向いて歩こうなどを歌いましたnote
最後には、仮設住宅にお住まいのみなさんから、歌のお返しを頂いて、会話やふれあいもできて、私が癒され、元気を頂きましたcatface
ありがとうございましたsign01

ゴールデンウィーク後半は、夫は仕事ですrock

前半と後半の間に、お友達のお宅へお招き頂いた一日がありましたhappy01
ちょうど、タロー屋さんのパンの窓口販売日sign01オーガニック食品がお好きなご夫婦なので、品質の良い素材にこだわり、有機栽培の材料も取り入れて作られたタロー屋さんのパンは気に入って頂けるかもしれませんwink
この日も雨で、いつもならお昼頃とっくに売り切れている店先のパンたちは、珍しくまだ数種類が残っています。

1

カメラの設定がおかしくて、ピントがあまい写真になっていました。

タロー屋さんにとって、この日のパンは不順な気候のせいか酵母の働きが悪く、ふくらみが悪いそう。いつも通りの出来ではないので、20%割引しますとおっしゃいました(いちご酵母は元気だったので、いちご以外の酵母の商品について)。
見た目にも特別出来損ないには見えないですし、割引は断りましたが、「みなさんにそうしていますから」とのことです。
こんな公平で誠実な商売をされてるお店には、なかなか出合いませんsign01

私はむか〜し、ぶどう(ノンオイルコーティングのレーズン)から作った酵母でパンを焼いたことがあります。
レーズンの様子を見ながら、発酵させて酵母にします。さらに、その天然の酵母を使ってパンを焼くには、イーストを用いるよりずっと時間がかかります。
特にタロー屋さんでは、酵母の材料に季節のくだものや野菜を使用しており、一般的なパン屋さんはもちろん、天然酵母パンのお店でも見かけない、特殊な天然酵母パンを焼いています。
良い素材を使っていても、「美味しいね!」と言われるパンを作るのは、簡単ではないでしょう。

割引いて頂いたうえに、まだ美味しそうなパンがショーケース内にありますから、有り難く追加購入ですnotes

こちらが、お友達に試して頂く「伊予柑酵母と3種の柑橘ピールのカンパーニュ」です。
有機レモン(輸入)、有機オレンジピール(輸入)、有機いよかん(愛媛の農園から)が入っています。

3_3

柑橘系はお好きな方なので、まずはこのパンでおためし頂きます。
タロー屋さんについても知って頂きたいので、情報もプリントアウトしましたhappy01


昼食もまだだったので、車内に広がる酵母のい〜い香りにつられてつまみ食いsmile

初めて購入した「りんご酵母とブロッコリーのフォカッチャ」。ほど良い塩気と、トマトソースを連想させるような香り(←個人的な感想です)。

Photo


こちらも初めての、「すりつぶしいちご酵母のバターリッチ」(よつばバター入り食パン)。
すりおろしいちご酵母のパンは、つぶつぶ(プチプチ?)が、すこ〜し生地に混ざり込み、香りが素晴らしいんです。

5

4


このままどんどんパンを食べてしまいそうなので、強い意志を持ってやめにしますcoldsweats01

お友達のお宅へ行く前に、買い物と、昼食をすませます。

つづく


2012年5月 1日 (火)

宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区の様子

昨年3月11日の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震と津波、余震による大規模地震災害)の後、初めて東北地方を訪ねました。

宮城県名取市の中でも、沿岸部にある閖上(ゆりあげ)地区は、津波による大きな被害を受けました。

あの日、テレビ画面で見た目を疑うような光景から1年がたちましたが、閖上の風景は、まだあの災害の衝撃と、これからどうしたらいいのか途方にくれる住人の方々の気持ちを表しているかのようでした。

親戚や友人もいない土地でのできごとは、離れていると、つい、自分の身辺の生活ばかりに目が行き、薄れて行きがちです。
改めて、これほどの大きさの災害だったこと、まだまだ生活に多くの不安を持って過ごされている方々がいること、残念にも命を失った方々が大勢いらしたことなどを忘れずにいたいと思いました。
伝承していくことで、次の災害で被害を減らすことができるかもしれません。

宮城県の大都市である仙台市の隣に名取市があり、その沿岸部に閖上地区があります。

名取市内から閖上地区へと入って行きます。

1


2


皆さんが避難された、閖上中学校です。

3


近づくと、地震の影響か、津波の力でなのか、道路横のガードレールがひどく変形していました。

4_2


メッセージが残されています。

5


6


校庭には、漁船がうちあげられたままでした。

7


タクシーや自家用車で訪ねて来る人々が後をたちません。

8


日向山という、小高い丘にのぼりました。

9


一面、住宅の基礎部分ばかりです。

10


向こうに広がる海。

11


今や、都会でもどこでも、何が起こるか分からないですが、自然と共に生活する時、都会生活とはまた別に、気をつけなくてはならないことがあるのでしょう。

その上でも、災害に巻き込まれることがあります。誰の身にも起こりうることなのだと思います。

まだ痛々しい光景で、ゆかりがある方には辛いと思いますが、その土地と縁がない人ほど、見ておいた方がいいのではないかと思いました。


仙台市の桜は、ちょうど満開から、散り始めへと移る頃でした。

Photo


« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »