無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月17日 (火)

明日、お父さん退院です

先日、肺炎で入院した、夫の父は、順調に回復sign01

明日、退院することが決まりましたsign03

一時は、生命の危機に近い所まで行ったと思われますが、病院スタッフの皆さんのケア、栄養バランスのいい食事、投薬、リハビリなどによって、本人も驚くくらい、しっかり回復していますhappy01

入院直後は、実家の母もお見舞いに来て、家事を手伝ってくれました。
夫の入院中も、来てくれる予定です。
毎回、ピンチには力をもらっていますshine

ブログ友達のみなさんから頂いた励ましも嬉しく、夫の気持ちも明るくしています。ありがとうございますheart


こうして、父の退院が決まり、夫の入院と手術日程も決まり、気分的にようやくひと心地ついた感じです。

実は、夫の入院や手術の話が出るより前に、予定を組んでいたライブがありました。
ご夫婦で、誠実な営業をしている大好きなおそばやさん「尾沼」の、3周年を記念するライブ(おかみのブログでお知らせしています)ですnote
担当医にも、大事なライブを避けて、手術予定を組んでもらいましたsmile
おかげさまで、ご予約で満席です。
このまま元気に、ライブに向かって行きたいと思いますsign01

そしたら入院だ〜sign03(笑)


2012年1月 8日 (日)

旅行記が終わったところで・・・

不安定な更新の日記を、のぞいて下さってるみなさん、いつもありがとうございますsign03

ようやく、タスマニア&シドニーの旅を書き終えましたhappy01

と、今度は、夫の父が肺炎で入院することになりました。

高齢にも関わらず(今年80才になります)、一人暮らしをつづけていましたが、長かった喫煙生活で肺がすっかり痛んでいることが昨年分かり、肺炎には気をつけなければいけなかったのです。
そのための、予防ワクチンも打っていたのですが・・・肺炎になってしまいましたshock

でも、意識もいつも通りしっかりしていますし、新しい病院で快適な個室に入り、居心地は気に入っているようでよかったsign01

先生のお話では、今回の肺炎は十中八九治るでしょう、ということでしたので、ひと安心。
しかし、すでに肺気腫で機能低下している肺が、この肺炎でダメージを受けることは確実なので、回を重ねるごとに、回復が困難になるだろうとのこと。

高齢のため、入院中も寝てばかりいることのないようにと注意がありました(足腰と、脳が弱ってしまうため)。

面会時間中はなるべく父と過ごせるよう、しばらく病院通いをつづけます!

今はお互いの自宅は、車でなら近い範囲ですが、退院後どうしていくか、夫と父と、みんなで考えていく必要があります。

こんな時こそ、家族だから「できることがある」ということを幸せに思って、元気にやっていこうと思ってますsign01

このブログ、また休み休みになるかもですがsmile
短くても書くのも気分転換。
なにより、みなさんの様子を読ませて頂くのは楽しいので、読みに行きますねnotes


2012年1月 5日 (木)

タスマニア&シドニーの旅〜シドニー 続々編〜

シドニー散歩のつづきです。

美味しいビールを飲んで、また歩きますnotes

Photo


2


新旧混ざった街並を楽しみながら、海辺へとたどりつきました。

3


ダーリンハーバーです。

4


ここから、モノレールに乗ってみましょう。

Photo_2

トークンを買って、乗車時に使います(機械に投入すると、バーを通れます)。
モノレールは、ぐるぐるとまわってるので、好きな駅で降ります。

5_2


私たちは、マーケットのある場所で降りました。

マーケットを見る前に、腹ごしらえ。気軽なチャイニーズです。

中はカフェみたいな雰囲気で、注文方法が画期的!

Photo_3


言葉が分からない旅行者にも便利なタッチパネル式で、写真と値段を確認しながら注文できますよgood

2_2

3_2


選んだのは、こんがり皮が焼けた豚と、海南鶏飯。

Photo_4


Photo_5


これに飲み物がついて、手頃なセットメニューでしたhappy01

あったかいレモンティーには、ざっくりとレモンスライスが入っていて、香港スタイルだな〜heart04

Photo_6


では、マーケットの中に入ってみましょうsign01

主に、お土産もののお店が、ずら〜〜〜。
衣服のお店も、ずら〜〜。バッグも・・・という調子で、すごい数のお店が並び、お客さんも大勢です。

Photo_7


野菜売り場もありますよ。

Photo_8


オーストラリア産セロリ、1株が1.5ドルsign01(現在の為替レートは、1オーストラリア・ドル80円くらいと考えて良いと思います)。

果物も豊富です。

Photo_13


大きなマーケットの後は、中華系スーパーものぞきました。

Photo_14


歩ける範囲でシドニーの街を楽しんだら、一度ユースホステルに戻り、ソファでひと休み。

空港へのバスを頼んでおいたので、時間になったらユース前の通りに出て、待ちます。

ピックアップしてもらい、空港へ到着。

利用した中国南方航空では、チェックイン・カウンターで申し出たわれもののワインを「大丈夫!」と力強く引き受けてくれました。
ワインは、ちょうど6本が入る段ボール箱に積めてあり、われものであることを英語と中国語で書いてあります。

こちらが、「あそこに置いておいて」と言われ、われもの用のかごに置いている写真です。
夫はこのかごに置いて、後でどんどん荷物が積み込まれることに不安を感じたそう。

Photo_30

ジェットスターでは、無事に過ごしたワインたちなので、中国南方航空の方の、頼りがいありそうな様子に、私はちょっと安心していましたが・・・。

機内食は、こんな感じです。

1


2_3


広州で乗り継ぎがあるので、まだ動き出さない、早朝の広州空港でしばらく過ごします。

Photo_15


やっとカフェが開店します。

カナダはバンクーバーに沢山あった、BLENZですhappy01

Photo_16


夫は麺を注文しました。黙ってつけてくるティッシュは、伝票に料金が追加されてますcoldsweats02

Photo_17


だんだん混雑して来ると、お客さんの注文を忘れたままだったり(私の!)、たぶん忘れたのか待たせ過ぎて怒って帰る方もいたり、レジも追いつかないし、料理も追いつかない・・・という、ひどい状態になっていました。

Photo_18


さあ、もう一度飛行機に乗って・・・

成田に到着です!

そしたらワインが・・・割れていることが分かり・・・shock

税関の方もつっこまないほど、哀れな姿の段ボール箱を持って、代理で応対をしているJALの窓口へ。

ゴム手袋やタオルをお借りして処理した結果、割れていたのは赤ワイン1本でした。

Photo_19

飲み口が破損していたら危険なので、全部開栓して(幸い、スクリュー式です)、確認しました。

早く飲まなくちゃねcoldsweats01

ところで、今回6本買って来たこのワインは、”Ninth Island ”という、タスマニア産ワインです。
(タスマニア旅行中、ワイナリーの近くに居たようなのですが、その時はそのことを知らず、残念でした!)

特に白ワインは、爽やかな中にブドウの味わいがよくしていて、おすすめですsign01
(日本での販売を見たことはなく、オーストラリアの酒屋さんスタッフの予想では、「生産数が少ないから日本への輸出はしていないのでは」ということでした)

オーストラリアでは、あまり美味しいブラックコーヒーを飲む機会がなかったので、成田空港内のスターバックスでコーヒーを買って、帰路につきましたcafe

車内からの東京タワーです。
帰って来たな〜catface

Photo_23


もう夜になっちゃったのでsmile今夜は近所のビストロに行くことにしました。

若いシェフが奥様と頑張ってる「ビストロ・ボヌール」です。

肉厚のサーモンshine

Photo_24


パテも美味しいです。

Photo_26

魚と、

Photo_27


お肉(牛タン)も食べました。

Photo_28


デザートもlovelyタルトタタンは、焼きあがったばかりでしたnote

Photo_29


2010年の海外旅行「タスマニア&シドニー」日記におつきあい頂いて、ありがとうございましたnotes

今年も元気で、楽しい旅行ができるようにしたいと思いますsign03


2012年1月 3日 (火)

タスマニア&シドニーの旅〜シドニー 続編〜

前回の、夫の胆のう炎について、みなさんにご心配頂き、ありがとうございました!

励ましや、アドバイス、本当に嬉しいですconfident

おかげさまで、その後は小康状態を保ち、激痛を伴う発作は起きていません。
検査も進めていて、あとはMRIや大腸検査の結果がOKなら、胆のうを取り出すだけの簡単な手術ですみそうです。


しばらくたってしまいましたが、旅行記を締めくくりたいと思いますhappy01


シドニー初日は、takechan0312さんとお会いして、ガイドブックでは行けないシドニーの街を体験させて頂きました。

翌日の朝食は、前日にtakechan0312さんと訪れたマーケットで買ったマンゴーです。
日本ではあり得ない安値で販売されていました。ちょうどよく熟れていて、美味しいsign01

Photo


腹ごしらえしたら、シドニーの街を探検です。

宿泊場所のユースは、セントラル駅のすぐ横なので、街の中心部ならどこでも散歩の距離です。

まずは、シドニーと言えばイメージする、オペラハウスへと向かってみます。

目抜き通りの風景をお楽しみ下さい。写真は、クリックすると大きくなりますwink

1_2


2


3_2


4_2


オペラハウス周辺からは、クルージングのフェリーがたくさん出ています。

この日はあまりお天気が良くなかったのですが、晴れていたら気持ち良く、海上からオペラハウスの姿を眺められて、いいと思いますgood

Photo_2


こちらがオペラハウス。

Photo_5


工事中でしたが、中に入ることはできます。

Photo_6


トイレは、洗面台が波形で、美しいです。

Photo_7


オペラハウスの外観は、近寄って見ると、貝殻のようなデザインで、変わった形をしています。

Photo_8


オペラハウスの周辺には、カフェや土産物店などがあります。

カフェのショーウインドウのケーキが、迫力!

Photo_10


では、海辺を離れて、古い建物が残るロックスと呼ばれる地区を歩いてみます。

1_3

オシャレな雰囲気ですね。

2_4


シドニーを歩くと、アジア系の人々やお店も多いですが、建物には、ヨーロッパの人たちが建てたと思われるデザインがよく見られるように思います。

Photo_11


歩いてお腹が空いたし、喉もかわきました。

ここでsign03シドニーのことならなんでも来い!の、takechan0312さんから教えて頂いた、自家製ビールが飲めるパブに到着beer

平日の昼間です。

混んでます。

1_4


空席のように見えるテーブルにも、「13時〜予約」の紙が置いてあります。

ちょうど、13時前の時間だったので、テーブルに着けても食事をする暇がなさそうです。

2_5


よく見ると、出窓の窓辺に腰掛けている紳士もいらしたので、私たちも、食事は諦めてビール片手にそこに座ることにしました。

3_3

選んだのは、「Old Admiral」。フルボディで、香り高い生ビールです!

これが・・・うまいっsign03

さすがtakehcan0312さんのお勧めです。実は途中、道に迷ったりしたけど、歩いて来てよかった!

そして、人気のパブの混み合ったカウンターや、雰囲気を堪能することができましたhappy01

4_3


あれれ、楽しい旅について書いてたら、予想に以上に長くなりましたcoldsweats01

つづきは、次回にお届けして、最終にしようと思いますnotes


最後になりましたが、今年もどうぞよろしくお願いしますsign03heart04


つづく


« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »