無料ブログはココログ

« 母との旅行 白川郷 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜成田からシドニー、そしてロンセストンへ〜 »

2011年11月 3日 (木)

タスマニア&シドニーの旅〜takechan0312さんとの出会い〜

今年の海外旅行は、オーストラリアのタスマニアに決めました。

タスマニアへ行くには、成田とシドニーの往復の他に、オーストラリア国内線に乗る必要があります。

経由地となるシドニーに、夫は行ったことがないので、タスマニアの帰りに寄ってみることにしました。

成田とシドニーは、中国南方航空で広州乗り継ぎ便です。

シドニーについてからは、Virginblueという格安なチケットを出している飛行機に乗り、シドニーへの戻りはJetstarです。

それぞれチケットを手配したのはいいのですが、各航空会社で、乗り継ぎ時間として必要と規定されている時間のチェックをうっかり忘れていましたcoldsweats02

シドニーでは国際線と国内線ターミナルはシャトルバスか電車で移動しなければならず、100分の乗り継ぎ時間で、入国審査、荷物のピックアップ、セキュリティチェックなどを通過して、国内線へチェックインできるのか不安になって来ましたshock

あれこれ調べたのですが、シドニーからの国内線に関して、詳しい説明や体験記を見つけられず、Virginblueからは、許容範囲だけど規定の乗り継ぎ必要時間(150分!)を満たしていないので、いかなる理由であっても乗り遅れた際の対処はないという回答でした。

そんな時、シドニーで、旅行者や移住希望者に有効な情報を発信しているtakechan0312さんのブログ「地球ワーキングトラベラー見聞記」と出合いました!

そこには、私が聞いてみたかったシドニーでの乗り継ぎ情報が、他のどこで見た説明より詳しく書かれていたのです!!(Virginblueからの回答は、かなり時間がたってからあり、この時点ではまだ回答を受け取っていませんでした)

有り難くて、コメント欄にお礼を残しました。
すると、その反応に対して、さらに正確な情報を提供しないとと思って下さったtakechan0312さんが、再度確認、Virginblueに直接電話までしてきいて下さったことを知らせて下さいましたsign01
それを、takechan0312さんが書いているもうひとつのブログ「WORLD TRAVELER IN ALASKA」で、記事にして下さいました。

お会いしたこともない一旅行者の、極めて個人的な事情で求めている情報について、こんなに親切に調べて下さって、本当にありがたかったです!

最終的には、飛行機の遅延の有無や、空港の混雑状態など、その時の状況次第ですが、出来る限りの準備と心構えをすることができました。

そして、takechan0312さんとは、シドニーでお会いできたらいいですね、というお話になりました。

今回のタスマニア&シドニー旅行は、行き帰りの1日ずつが飛行機での移動に使うことになりますが、その間にあたる実際の旅行期間1週間に対して、夫と私それぞれに、機内持込の可能なサイズのメイン荷物1つずつと、カメラや貴重品、すぐに使う物を入れたバッグ1つずつという、コンパクトな手荷物に収めることができましたsign01

成田のチェックインカウンターでは、乗り継ぎの事情を話し、なるべく前列の座席にして頂くことができましたshine

あとは、降りたら入国審査と荷物のチェックにまっしぐらです。

さあ、どうなるでしょうかsign02


つづく


« 母との旅行 白川郷 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜成田からシドニー、そしてロンセストンへ〜 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

見知らぬ空港での乗り継ぎは本当に不安ですよねーshock
私もヴェネツィアからバンクーバーへの帰り、アムステルダムでの乗り継ぎはいつも1時間半しか時間が無く、
その間にやはりEUへの入国審査もあって初めて乗り継いだ時には冷や汗ものでした。
こういった状況の時にアドバイスくださって助けてくださると本当に安心ですし嬉しいですよねhappy01
続きを楽しみにしていまーすheart04

はじめまして
「愛されてる妻」さんのコメント欄から 飛んできました

タスマニアっていったら タスマニアデビルですよね?
オーストラリアは数年前にケアンズに行っただけですが
気になって来てみました
私は英語力がいまいちなので
海外空港での乗り継ぎはヒヤヒヤなのです
続きを楽しみにしています

カバン持ちさんnotes

怠惰な更新の仕方のこのブログを、いつも見に来て下さってありがとうございますconfident応援を励みに、タスマニア旅行記どんどん書こうと思いますsmile

いつもベネツィアに行ってらっしゃるカバン持ちさんでも冷や汗の時があるのですね!

オーストラリアは特に、入国に際しての荷物の検査が厳しい(独特の生態系を守るため)ことで有名なので、そこが最大の難関でしたが・・・次の日記でお話ししますねwink

けいさんhappy01

はじめまして。妻さんの日記から来て下さったとのこと、ありがとうございますheart04

そうですよね、オーストラリアにはおかしな格好でおかしな名前の動物が色々で、タスマニアンデビルはものすごく有名ですが、私たち夫婦がすっかり気に入っちゃったのは、ウォンバッドという動物ですnote
すごく愛らしい、野生の彼らと出合うことができましたshine日記の中で、写真も出しながらご紹介して行きますね。

私は、オーストラリアでは、シドニーやメルボルン、パース、アデレードに行きましたが、ケアンズはないのです。どんな感じだったのかな〜happy01

続きを楽しみにして下さるというその言葉が原動力です!smile
ありがとうございますheart

ポーレイさん日本の生活に戻られましたでしょうか?
あれからすでに一週間がたって更新されるのを楽しみにしておりました。
またまたご紹介いただきありがとうございます。

かばんもちさんのバンクーバーも
けいさんの福岡も私に取っては縁のある街ですが、
やっぱりシドニーが今の所住処になっております。
でも皆さんにここから旅の情報を発信できたら楽しいです。
航空界はこの一週間波瀾万丈でしたよ。
そして新しい航空会社も誕生します。

ではこれからタスマニアの旅、楽しみにしていますね。

takechan0312さんnote

なかなか書き始めなくてゴメンナサイcoldsweats01
気長に待って頂いて、ありがとうございますconfident

takehcan0312さんについては、まだまだシドニー滞在の日記でご紹介させて頂きますよ〜。
タスマニアも、国立公園で好天に恵まれていましたし、ウォンバットにもあえましたので、日記で様子を見て頂けたら嬉しいですheart04

takechan0312さんが訪ねて下さった、けいさんは、今回初めてコメント頂いて、私も初めてブログを見せて頂いた方ですが、カバン持ちさんのブログはかなり前から読ませて頂いており、いつかお会いしたい方の一人ですhappy01

takehcan0312さんのブログで、カンタスの騒ぎは拝見していました。
払い戻しや変更に必要な手続きの、詳細な説明にまたまた驚き、感心していたところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/42825098

この記事へのトラックバック一覧です: タスマニア&シドニーの旅〜takechan0312さんとの出会い〜:

« 母との旅行 白川郷 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜成田からシドニー、そしてロンセストンへ〜 »