無料ブログはココログ

« タスマニア&シドニーの旅〜Cradle MtからSt Helensへ〜 | トップページ | チーズ!チーズ!チーズ!! »

2011年11月17日 (木)

タスマニア&シドニーの旅〜St Helens〜

モーテルにチェックインしたら、人気の海岸風景を見に、車を走らせます。
内陸に見えますが、海の近くを走っている道を、けっこう走ります。

St_helens1


ちらりと海がのぞきます。

St_helens2


ここが、人気のスポット。海辺に赤い岩の風景です。

St_helens4


なるほど。

でも、海&岩の風景はわりと見慣れている日本人の私たちには・・・

St_helens8

こんな場所がワクワクしますsign03

砂のきめがとっても細かく、歩くとキュッキュッときしみます。

貝殻も落ちています。日本ではあまり見ないような色や形に、夢中で拾いますhappy01

こういうのを思い出&お土産にするの大好きです。この場所の自然の一部を、分けてもらいます。

St_helens9


St_helens10


夕方の海辺の風は冷たく、そろそろ宿に戻りましょう。

その帰り道で・・・

ハリネズミに遭遇しましたsign01

St_helens6


モーテルにはレストランも併設されており、ネットでの評判がよかったので、夕食はここで。

St Helensは、漁港として有名な土地なので、シーフードプラターを2人分オーダーしました。

St_helens11

エビフライ、イカのフライ、そして一番下には、フレンチフライが敷き詰められていますcoldsweats01

生ガキは小粒でしたが、海の香りhappy02

ホタテにベーコンを巻き、串刺しにしてグリルしたものもありました。

日本のフライは美味しいので、「これは美味しいsign03」っていうようなことにはなりませんでしたが、楽しく頂きました。


せっかくなので、デザートも食べます。

アップルクランブルを選びました。

St_helens12


昔一人旅をしたイギリス旅行を思い出す一品。

デザートだけど、どっしりした食べごたえで、例えるなら日本のお餅や求肥、きな粉を使った和菓子にも似ているような感じがします。
りんごが沢山入ってるので、旅行中にはヘルシーな気がします。

コーヒー、紅茶はセルフサービスで、モーテルの部屋に置いてあるインスタントと同じものでした。

テーブルクロスなんかもしてあり、古き良き・・・といった感じのインテリアで、料理やサービスはファミリーレストラン的。
近所の方がちょっとだけオシャレして、週末のディナーを楽しみに来ている風でもあり、オーストラリアの田舎町を体験できて興味深いです。


つづく


« タスマニア&シドニーの旅〜Cradle MtからSt Helensへ〜 | トップページ | チーズ!チーズ!チーズ!! »

旅行」カテゴリの記事

コメント

アップルクランブルは 我が家では
砂糖とバターと小麦粉をすり混ぜて
りんごにかけてオーブンで焼く 冬の定番のおやつですが
それと同じかなぁ?
食べたくなっちゃった…
でもりんごがメインだから 求肥やお餅をイメージするほどには
重くないんですよね
作り方がちがうのかなぁ?
これはアイスクリームがかけてあるのかな?
秋冬はなんだか台所仕事をしたくなります
作ったらブログでUPしますね(でもきっとずっと先の話)

うわぁ、ポーレイちゃん、ハリネズミに会ったのね!
ヘッジホッグ、私も一時期Firefoxの壁紙に使ってたけど、野生で見ちゃったなんてすごい。
白い鳴き砂のビーチもきれいだわ〜♪
オーストラリア料理ってイギリス料理みたいなもので、おいしいイメージはないけど(爆)、シーフードプラター、おいしそう!
アップルクランブルもイギリスらしいよね。
うちは左党なので甘いものは作らないけど、アップルクランブルは夫も懐かしがりそう。

けいさんhappy01

けいさんはお料理お好きなんですね!
干し柿もされてたしnotes
アップルクランブルは、けいさんがおっしゃってるのと同様のものだと思いますが、あまりよく焼いた感じじゃなくて、なんだかもったりしてましたね〜。
だけど、粉っぽくてまずいってわけでもないんです。(笑)不思議。
けど、イギリスの伝統料理の看板を掲げた、田舎のお店でも、デザートがどっちり系で、ホームメイドカスタードクリームが添えられてたので(このカスタードがとっても美味しかったです!)、家庭もしくは田舎の、昔ながらのイギリス料理はこんな感じなのかも?
このSt Helensのレストランでは、クリームとアイスクリームの両方がかかってましたsign01

妻さんnote

ハリネズミって、ヘッジホッグっていうんですね!!
妻さんの昔の日記で、英語学習方法として徹底的に覚えてらっしゃるのを読んだことがあるのですが、妻さんは本当に語彙力ありますよねshine
私は、簡単な単語と文法のまま進歩がなく、英語テスト(何年も受けてませんが英検とかTOEICとか)の結果にも、それがハッキリ表れますね・・・coldsweats01
本当に、語学の基本は、単語や文章を覚えて、それを応用していくことですね。もう少し頑張ろう!

確かに、オーストラリアは、イギリス的な料理、もしくは、いわゆる北米料理で、とりたてて美味しいって感じじゃないです〜catface
あ、コーヒーも美味しくなかったな〜。
が、肉や魚は素材がいいので、お料理する人には楽しいですね。
特に田舎では、移民も少ないですから、外食に期待できないですが、移民が多くいるような街に行くと、一気に国際色豊な本格的なお料理が楽しめるのが魅力ですnotes

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/43040819

この記事へのトラックバック一覧です: タスマニア&シドニーの旅〜St Helens〜:

« タスマニア&シドニーの旅〜Cradle MtからSt Helensへ〜 | トップページ | チーズ!チーズ!チーズ!! »