無料ブログはココログ

« タスマニア&シドニーの旅〜St Helens〜 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜St Helensからフレシネ国立公園へ〜 »

2011年11月20日 (日)

チーズ!チーズ!チーズ!!

タスマニア旅行、つづけていますが、もう少し先があるので、ちょこっと休憩ですcafe

11月なのにずいぶん暖かい・・・なんて思っていたら、来ました〜。
朝からどんよりくもり空。雨。寒さ。やっぱり冬ですねsnow

冬の楽しみは、クリスマスやお正月の華やぎと、食べ物じゃないでしょうかdelicious

フランスの冬限定のチーズ、「モンドール」の季節です。
木の樹皮に包まれて売られている、クセ(独特の香り)がほど良くあり、トロリとしたチーズです。
ウィキペディアで見ると、販売期間は9月から5月とありますが、実際に店頭で見られるのは、もっと短いように感じます。
そして、知らなかった事実sign01
私が好きな「コンテ」というチーズは、冬のチーズ、モンドールの夏の間の姿らしいですimpact
どうりで、コンテとモンドールは、特に気に入りのひとつのわけです。

こちらが、その冬のチーズ、モンドールです。

Photo


チーズ好きの私は、もちろんベイクドチーズケーキも大好物ですnotes

いつも楽しく拝見している、バンクーバー在住「不動産やのカバン持ち」さんのブログで、こんなステキなベイクドチーズケーキが紹介されましたsign03

ゴルゴンゾーラ(青カビチーズ)と、ゴート(ヤギのチーズ)という、通常市販されている物ではまず見ない材料が使われたオトナのベイクドチーズケーキですshine

食べたい!!

折しも、母の誕生会のために、ケーキを用意する予定でしたので、カバン持ちさんのレシピ公開に感謝し、作ってみることにしましたhappy01

買い物に行って知ったのですが、今、バター不足なのだそうです。
原発後の影響や、暑さがひどい夏には牛のミルクが不足することが原因だと、店員さんが説明して下さいました。
無塩バターを探した結果、売り場で1つだけ残っていた素敵なバターを使うことになりましたcoldsweats01
昔、皮の中にミルクを入れてそれを揺すってバター作りをしていたそうで、機械を使用していますが、その昔ながらの作り方を意識してゆっくり作ったバターのようです(ザックリした説明・・・)。

お砂糖は、健やかライフをしていらっしゃるオシャレなご夫婦おすすめの自然食品店「晴屋」さんで購入した、洗糖を使用することにしました。

1

写真にはないものでは、小麦粉、卵やマデラ酒も入れました。


作り方は、カバン持ちさんのレシピをどうぞnotes

こんな豪華な材料を使ったケーキを作ったことはないので、緊張・・・してやってたはずですが、オーブンの温度設定を10度高くしてしまい、しっかりすぎるくらい焼いてしまいましたcoldsweats02

2

チョコレートケーキですか?という色あいですが・・・味は、美味しいと思いますsign01

カバン持ちさんのアドバイスに従い、2日冷蔵庫で寝かせて、今日がお誕生日会ですshine

こんな豪華ケーキの試作を重ねたレシピを公開して下さって、カバン持ちさん、ありがとうございますheart
こういう方々のおかげで、私でもまねして美味しいものを作れるんですよね〜confident


気がつくと、ブログで仲良くして頂いてる方々は、みなさんお料理好き&お料理上手ですnote
食いしん坊仲間ということでしょうかsmile


この間、園芸店で、キレイなお花を見つけました。

2_2

愛されている妻さんは、すぐお分かりだと思いますhappy01

これ、サフランなのです。

あの、お料理に黄色い色をつける時に使う、高価なサフラン。

こんなにキレイな花を咲かせるものだとは知りませんでした。

つぼみで購入。

1_2


すぐに、先の写真のように花を咲かせ始めました。

食材のサフランは、あの花の雌しべを使うようですが、どうするのかな〜と調べてみたら・・・花が咲いたらすぐに雌しべを摘み取り、キッチンペーパーなど水分を吸う物の上で自然乾燥させる・・・だけ?

これはやってみなきゃ!

3


1週間もすると、しっかりドライに仕上がります。
左が摘み取りたて。右は、乾燥したものです。

4


乾燥させたら、ビンなど保存容器に入れ、冷蔵庫へ。

本当に黄色が出るのか・・・料理で使ってみようと思います。


つづく


« タスマニア&シドニーの旅〜St Helens〜 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜St Helensからフレシネ国立公園へ〜 »

おうちごはん」カテゴリの記事

コメント

本当にあのレシピで作って頂けたのですねーheart
お味は如何だったでしょうか?ドキドキでーすcoldsweats01
その昔、六本木に小さなルコントというケーキ屋さんがあって、
そこのチーズケーキの味が未だに忘れられなくて、
もう一度あの味を、と思って試行錯誤しています。
そのケーキを作っていたアンドレ・ルコントさんはずい分前に亡くなられましたが
私の中には彼のケーキの味がしっかりと残っています。
お料理って凄いですよねーshine

あ、それからこのチーズケーキは残ったら冷凍できますよwink
私は最初に切り分けたら4分の1ほどぴっちりと二重にラップしてジップロックに入れて
さっさと冷凍してしまいますbirthday
で、後日のお楽しみにheart04

ケーキ美味しそう!
すっごくいい感じにへこんでますね

サフラン 花なんてしらなかった…
おかげさまでちょっと賢くなりました

カバン持ちさんhappy01

ケーキのレシピありがとうございましたsign03
おかげさまで、美味しく頂ける、特別なチーズケーキが焼けましたheart04
誕生会では大勢で切り分けたので、余ることがなかったのですが、夫もまた食べたいと言っているので自宅用に作りたいですgoodそしたら、その方法で冷凍ですねsign01アドバイスありがとうございます。

お料理ってすごい・・・というお話で思い出したのですが、カバン持ちさんはお料理や、おばあ様のしてらしたことなどを、ご自分の中に受け継いで生活に生かしてらっしゃいますよね。
それを拝見してると、人が生きることって、そうやって何かを他の人たちにちょっとずつ残して、それが引き継がれていく(影響を残していく)んだな〜ということを、目で見るような気持ちがします。
カバン持ちさんがそういう思いを持って丁寧に生活してらっしゃるから、誰しも何気なくしてるそういう部分が、よく見えて来るのだろうなと思います。

けいさんnotes

毎度コメントして頂いて、ありがとうございますshine

そうなんです、焼き菓子って、へこみもなんだか美味しそうに見えますよね?!

青カビチーズがお好きな方にはオススメsign01のケーキです。

賢くなったなんて、けいさんの渋柿作りなどで私も知らないことを教えて頂いてます!
サフランは、普通の園芸店で扱っていたので、けいさんのご近所でも見ることがあるかもしれないですよ。紫色で、雌しべが真っ赤で、とてもキレイですnote

ポーレイちゃん、去年も買って食べてたもんね。
とろっとろのモンドール、いまだけ!と思えば余計においしそう♪
それにしても、何故金の山(モンドール)なのか...(笑)
ブルーの入ったチーズケーキもおいしそう。
あぁ、そうそう、バターは原発事故の影響で原材料不足なのよね。
ケーキ屋さんやレストランは大変でしょうね。

サフラン、うちの庭でも咲いてるので、毎年あの赤い雌しべを摘んでみようかな?と思いつつ、やったことがなかったの。
やっぱり使える量になるまでは数年かかりそうかも。
でもね、お花そのものは(うちのなんか植えた覚えもないし)なんにもしなくても毎年出てくる律儀もんよ!

妻さんapple

モンドールって、金の山って意味なんですね!さすが物知り妻さんflair

サフラン、毎年お花がつくんですね!すごいsign03
お庭に植わってるので、環境がいいのかもしれないですね〜。
ご存知かと思いますが、サフランは球根なので、球根が上手く太らないと花が咲かないようです。
植えた覚えもないのに、サフランが咲くなんて、なんだか幸運のある場所のように感じますねshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/43077203

この記事へのトラックバック一覧です: チーズ!チーズ!チーズ!!:

« タスマニア&シドニーの旅〜St Helens〜 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜St Helensからフレシネ国立公園へ〜 »