無料ブログはココログ

« タスマニア&シドニーの旅〜成田からシドニー、そしてロンセストンへ〜 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜ロンセストンからシェフィールド〜 »

2011年11月 4日 (金)

タスマニア&シドニーの旅〜ロンセストン〜

タスマニア第二の街、ロンセストン(Launceston)は、内陸にあります。
タスマニアは、面積が北海道の80%ほど、その面積の約20%が国立公園にあたるという、ユニークな自然と動植物の宝庫ですshine

私たちは、この旅の最大の難関と思われたシドニー空港での国内線乗り継ぎをクリアしcoldsweats01、ホッと飛行機に乗りましたが、降りる間際、よく揺れました〜。怖かったshock

今回の乗り継ぎでは、色々新たなことを学べました。
まずは、安心した乗り継ぎを行ない、遅延による保障を受けるためには、各航空会社が規定している、最低乗り継ぎ所要時間を満たすスケジュールを取り、できれば乗り継ぎ含め一連で著ケット予約をすること。
つづきで予約されていると、遅延での振替や、今回のような空港内のターミナルをシャトルバスで移動する際にも、追加料金が発生しなかったり、親切なようですsmile

一方で、今回の場合、この便を逃すと、シドニーから直接ロンセストンに向かう飛行機はなく、全てメルボルン経由で、ロンセストン到着が夕方になってしまうので、規定を知らずにこの便を予約し、乗れたことはラッキーでした。

結局、こういう情報が得られたことと、このくらいの時期の旅行なら手荷物だけで行けちゃうことが分かったこと、そしてtakechan0312さんと知り合えたことも、乗り継ぎ騒動があったからこそですねsign01

ロンセストン空港には13時頃到着しました。

空港を出て右手奥に、市内までのシャトルバス乗り場があります。
宿泊先の名前や住所が分かれば、その前まで連れて行ってくれて、2人でAU$25でした(出発前の銀行の両替レートで、AU$1は87円70銭でした)。

ロンセストンでの宿泊先は、街の中心に近い"Batman Fawkner Inn"です。
ここは、ご夫婦経営の宿で、歴史ある建築物を使用し、通常の個室の他に、バックパッカーなど相部屋を希望する人たち用の棟もあります。

Photo


また、自炊派のためのキッチンやダイニングスペース、TVルームもあります。

Photo_2


私たちは、シャワー&トイレ付きのダブルルーム(相部屋がある宿では、個室でもシャワーやトイレは共同という部屋がある場合もあります)を予約していましたが、ダブルが混み合っているそうで、ファミリールームが確保されていました。

ダブルベッド2つに、シングルベッド1つが入っています。古めかしい部屋ですが、夫婦で泊まるために不便な点はありません。

Photo_3


質素な宿ですが、支配人のステファンがとても感じの良い、誠実な人で、居心地がいいです。


荷物を置いたら、街を歩いて抜け、Cataract Gorgeという、ロンセストン随一の見どころと言えるような、渓谷へ向かいます。

ロンセストンの街なかです。

Photo_4


少し離れた場所から見た渓谷の入口です。ここから奥へと遊歩道がのび、ジョギングやハイキングを楽しむ人たちが行き交います。

Photo_5


遊歩道を進みます。

Photo_6


園内にはカフェもあり、クジャクが放し飼いされています。

Photo_7


丘の上から、チェアリフトに乗って、渓谷を横断することができます。
歩き回るのは無料で自由。チェアリフトは片道2人分AU$24です。

Photo_8


リフトから、建物の屋根の上が見え、クジャクが羽を広げて求愛ダンスみたいなのを踊っているのが見えました!

Photo_9


リフトの旅はしばらくの時間あるので、のんびりできます。

Photo_10


チェアリフトを降りたら、歩いて渓谷の入口に戻ります。
飛行機で長時間座っていた体には、いい運動ですhappy01

ロンセストンは、街としては小さいですが、古くからの建物が沢山あり、住宅街のおうちもデザインが素敵です。
散歩からの写真を数枚お届けします。

2


Photo_11


7


3


4


5


6


この日の夜は、宿のステファンおすすめのメキシカンレストランへ行きました。
夫はメキシコ料理店初めてです。

コーンでできたトルティーヤチップスに、チーズやアボカドソース、サワークリームなどたっぷりのせて焼かれた「ナチョス」。

Photo_12


メキシカンといえばこれも食べた方がいいよ、と、鉄板でジュウジュウいってるビーフやチキンを、野菜と一緒にソフトタコスに包んで食べる「ファヒータス」。

それと、シーフードの揚げものも食べたいということで、イカリングであるカラマリと、小さめのエビフライを特製ソースにつけながら食べる「エビとカラマリのデイッパース」も頼みました。

Photo_13


思ったよりボリュームがあったのか、到着日で疲れが出たのか、2人には珍しく完食ならずcoldsweats02


ぐっすり眠って、明日はレンタカーを借り、国立公園を目指しますsign01

つづく


« タスマニア&シドニーの旅〜成田からシドニー、そしてロンセストンへ〜 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜ロンセストンからシェフィールド〜 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

わーい 続きだ!
乗り継ぎトラブル大変でしたね
わたしは海外個人旅行の初心者なので
勉強になります

コメントいただいたので いいかな?って思って
記事にリンクしちゃいました
事後報告ですみません

けいさんnote

また来て下さって、ありがとうございますhappy01

そして、けいさんブログの中でご紹介頂いてsign01ありがとうございますheart04

けいさんの湯布院の旅、カフェがいい感じですね〜cafe
あんなステキなお店でお茶を頂きながら紅葉を眺められるなんてnotes

写真を見る時、まずとらじの存在をチャックしちゃいますsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/42846681

この記事へのトラックバック一覧です: タスマニア&シドニーの旅〜ロンセストン〜:

« タスマニア&シドニーの旅〜成田からシドニー、そしてロンセストンへ〜 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜ロンセストンからシェフィールド〜 »