無料ブログはココログ

« タスマニア&シドニーの旅〜ロンセストンからシェフィールド〜 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜Cradle MtからSt Helensへ〜 »

2011年11月 7日 (月)

タスマニア&シドニーの旅〜クレイドルマウンテン国立公園〜

雄大な景色を見ながら、クレイドルマウンテンを目指します。

正式には、Cradle Mountain - Lake St Clair National Park(クレイドルマウンテンーセントクレア湖国立公園)と言うようですが、クレイドルマウンテンと言えば、「ああ、あそこね!いいね!」という感じの反応が返って来ますnotes


ここがハイライトだと言っていいわけは・・・海外の国立公園は、パスを買って入る必要がありますが(入園料のように)、手を加えないで自然の動植物を維持しつつ、訪れた人をその自然の中に入れて、体験させてくれるところです。

風光明媚な土地でも、観光地化すると目に映る周囲一面お土産やさんが建ち、歩いては良くない場所を人が歩いたり、ゴミを捨てて行ったり・・・となることも多いようですが、こういった国立公園は、そういったことがなく、大きな自然の中にちょっと入れてもらえます。

お土産などの販売をしている場所も、入口にあるインフォメーションセンターに限られています。


さあ、国立公園に近づいて来ました。周囲の景色が、また変化していきます。

1


ここから先には、野生動物が生息する地域があります、と看板も出ています。ワクワク。おじゃましま〜す。

2_2


今日の宿泊は、"Cradle Mountain Highlanders"です。
私は一度来たことがあり、この国立公園の環境も、この宿も、とても気に入って、ぜひ夫と来たいと思っていた場所のひとつです。

"Cradle Mountain Highlanders"は、木で造られた清潔で感じのいいコテージに泊まることができます。

周りには、他にもロッジ風のホテルがいくつかありますが、ここは、森の中で山小屋体験ができ、薪をくべる暖炉があるのですshine

受付も、ロッジスタイルです。

Photo_2


チェックインをすませたら、お天気もいいので、すぐに国立公園へ行ってみましたheart04

インドメーションセンターに、パスを買いに行くと・・・

ウォンバットがいました〜〜sign03草をはんでいます。

1_2

オーストラリアでは、自然の中に入ると野生のカンガルーはよく見ますが、ウォンバットは珍しいと聞いたことがあります(地域にもよるのだと思いますが)。

2_3

その愛らしい様子に、夫もすっかり気に入ってしまいました。

パスを買いに入ったインフォメーショんセンターには、さっき見たのとそっくりのウォンバットのぬいぐるみが!!2人でこれは買っちゃおうとすぐに決めちゃいましたnote


インフォメーションセンターの方のアドバイスでは、みんなが買う必要のあるパスの料金には、園内を循環するシャトルバスの料金が含まれているので、車をここに置いて、シャトルバスを利用してはということでした。
なるほど、10〜15分おきなら十分に頻繁だし、車が沢山園内を走るのを避けることもできるので、私たちもシャトルバスを利用することにしました。

6_2

バスの側面、後方に描かれているのが、「タスマニアンデビル」です。
けいさん見てますか〜happy01
残念ながら、直接見られる機会はなかったんです。でも、ウォンバットも、とってもかわいいですよwink


バスでどんどん進みます。

Photo_3


降りたのは、湖"Dove Lake"ですmist

見えて来ました・・・

Photo_4


近づくと、水がとてもきれい。遠くの山には、残雪があります。

2_4


ここから、いくつかのウォーキングコースが広がっています。

Photo_5


歩くのが気持ちいい〜♪

3


4


周囲は湿地帯のようで、小川が流れる場所もあります。
とかげがいました。

5


そして、なんと!!
またまた、ウォンバットに遭遇ですhappy01

Photo_7


選んだコースは1時間半の設定でしたが、写真を撮りながら歩いても、かかった時間は1時間ほど。
その間、誰ともすれ違ったり、抜かれたりすることがありませんでした。

またシャトルバスに乗り、もう一カ所。さっきのインフォメーションセンターで、おすすめしてもらった20分ほどのウォーキングコース"Enchanted Walk"です。
日が陰り始めましたが、短いコースなので、無理なく歩けます。
木々と苔の緑に包まれるような、素敵なコースでした。

Photo_9


またシャトルバスで、インフォメーションセンターの駐車場へ戻り、車で宿泊先のロッジに戻ります。
ロッジの前に車をとめて、ロッジまでは小道をたどります。

Photo_10


暖炉に火をつけます。

Photo_11


灯をつけ、煙突からは暖炉の煙が出始めた、ロッジの様子です。あったかそうでしょ。

2_5


今日は夫が料理をしてくれますcatface私は、もう食べれる状態のサラダを購入したのを器に移したり、テーブルの用意を整えます。

Photo_12


Photo_14


暖炉もよく燃えて、室内は暖かです。
時々様子を見て、太い薪をくべ、夜就寝中には、残った炭が燃えるようにしておくのがベストだそうです。

2_6


スープは缶詰ですが、農場の野菜たっぷりというタイプを選びました。夫が鍋で温めなおしてくれました。

ステーキは、ちょうどいい焼き加減sign01

Photo_16


ステーキにつづいて、ラムチョップも1本ずつ食べましたhappy02
つけあわせに焼いてくれたジャガイモは、スーパーで一緒に選んだ、なんとかクリームポテトという名前で、マッシュポテトかと思うくらいしっとりほの甘かったです。


キッチンのラジオをつけると、80年代のような音楽が流れて来ました。


ロッジはそれぞれ少しずつ離れて、木々に囲まれ、こんな動物の姿を見ることができます。

Pademelon

Pademelonという動物のようです。小さなカンガルーのような、大きなネズミのような姿。

他にも、珍しい鳥の声がしていたり。

緑の香りのする空気の中の、ステキな場所です。


つづく


« タスマニア&シドニーの旅〜ロンセストンからシェフィールド〜 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜Cradle MtからSt Helensへ〜 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

あれ?コメント書いたと思ったのですが 消えちゃったかも

リンクありがとうございます!
タスマニアんデビルもばっちり見ました
あとわたしのブログでもお返事してますが
実はウォンバットだいすき!うれしい!

だんなさまのドライブいいですね
道がどこまでも続いてるー
うちのとーちゃんもこーゆーとこ好きかも

けいさんhappy01

ブログでのお返事、拝見しました〜!ありがとうございますheart04

ウォンバットがお好きだったとは!本当によかったです。(笑)
私たちも、ウォンバット大好きですheart

もう、ぜひぜひタスマニアの国立公園で、野生のウォンバットと出合って頂きたいsign01

けいさんの旦那様も、こういった場所がお好きなんですね。なら、なおさら行かなきゃですね〜。ご家族で暖炉のあるロッジに泊まったら楽しいと思いますよ〜note

そうそう、けいさんのケアンズ旅行記では、ご家族での写真を載せてらっしゃいますねnotes楽しんでらっしゃる様子が伝わります。
アウトドアがお好きなご家族なのかな〜、なんて勝手なイメージですがcoldsweats01

ボーレイちゃん、タスマニアの記事がたくさん!これは、ゆっくりと、読ませてもらいたいので、とりあえず、コメントを残しておくね。ここでも、お料理をしてくださる、素敵で優しい旦那様、うふん。ロッジに泊まったなんて、プライバシーも保てて、ホテルに泊まるのとは違うよね。素敵。

このタスマニア特集が、楽しみです。

白川郷、お母様といらしたのですか?白川郷のどぶろくを飲んでみて、美味しかったの。

モナちゃんnotes

相変わらずお忙しそうだけど、コメントまで残して下さってありがとうheart04

モナちゃんが飲んでた白川郷のどぶろく、日記で拝見しましたよ〜happy01
一人でホテルでどぶろくなんて渋いな〜catface

そうなんです、白川郷は母と行きました。
メインストリートは、あまりに観光地化してて、カレンダーなどで得たイメージと違ったのでびっくりしたけど、朝は静かだし、山に囲まれて美しい環境でした。

モナちゃんが言って下さってるように、ロッジって素晴らしいね〜confident
私もホテルとは違った素晴らしさがあると思います。

忙しかったらコメントしなくても、タスマニアの旅行を一緒に楽しんで頂けたら、とても嬉しいですnote

そうですよねタスマニアのハイライトです。
でもまずはお天気が良いことが絶対の条件の所ですね。
パーフェクトなお天気で良かったですね、
私達もお天気に恵まれて最高の写真がとれましたが。

私達ここでユースに泊まりました。
旅にあまりお金をかけないので、今でもお世話になっています。
でもこんなロッジならロマンチックになれそうですね、
ダンナ様のお料理、今度食べさせてもらえるかな?
ただしお魚でお願いします、、、。

さて腹ごしらえをしたところ、次はどちらでしょうか?
それにしても羨ましいですね、
まだ野生のウォンバットは見たことがありません。
死んだのはいくつも見かけましたが。

わぁ、ポーレイちゃん、いいな〜!!!
わたしは動物が大・大・大好きなのでこういうの、ものすごく好きなの(コタキナバルも動物に逢える!と思って行ったんだもん)。
しかも、滅多に出会えないウォンバットも2匹もだなんて!
いいな〜。
運転しない私達は一生行かれないかも...
いっそのこと、歩いて行っちゃおうかしら(笑)
暖炉のあるロッジも素敵☆
↓ペットのアルパカの写真がものすごく好きっ!!!(笑)

takechan0312さんhappy01

楽しいコメント、ありがとうございますsign01

そうですよね、お天気によってかなり印象も変わるかと思います。
私は山好きなので、前回のクレイドルマウンテンはあいにくの灰色天気でしたが、ぜひまた来たいという感想を持っての、今回2度目です。
その理由のひとつに、こんな素敵なロッジに泊まるせいもあると思います!
薪をくべたり、ロッジのすぐ外で野生動物にあえたりするのがたまらないです。

野生のウォンバット、すご〜くかわいいですよsign03
takehcan0312さんも、ぜひ見ないとsign01

ちなみに、私たちの旅も、豪華なのはこのロッジだけで〜すshine

妻さんheart

物理的にも精神的にも、とってもお忙しい中、コメントありがとうございます。

動物が大・大・大好きなんですねsign03
それならタスマニアはオススメですよ〜〜〜happy01
まだ、この先も、動物登場しますsign01

運転なさらないと、車があるよりは時間にしばられますが、他のグループと一緒のツアーとか、個人でバスに乗っても来られるはずだと思います。
クレイドルマウンテン国立公園の場合は、ここまで来てしまえば、園内はシャトルバスが走ってますし、可能ですよ!

そんな動物好きの妻さんだから、アルパカにとても反応よかったのですねhappy01
ホント、最初はずいぶん大きい犬だと思ったんですよhappy02
飼い主のおじいさん曰く、普通のアルパカはそんなに人に慣れないけど、この子は小さい時からず〜っと飼ってるから、人なつっこいんだよ〜、ということでしたnotes

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/42912465

この記事へのトラックバック一覧です: タスマニア&シドニーの旅〜クレイドルマウンテン国立公園〜:

« タスマニア&シドニーの旅〜ロンセストンからシェフィールド〜 | トップページ | タスマニア&シドニーの旅〜Cradle MtからSt Helensへ〜 »