無料ブログはココログ

« 夫の料理 軟骨と内蔵のグリル仏料理風 | トップページ | 誕生日 »

2011年5月 7日 (土)

前回の「夫の料理」作り方一部訂正

前回の夫の料理でご紹介した、豚の軟骨や耳、腸などの内蔵を使った料理の作り方に訂正がありますcoldsweats01

一番最初に内蔵を加熱する際は、炒めるのではなく、煮込むのだそうです。

一度下茹でした材料を、色々な調味料を加えたスープで煮込むので、臭みが薄まり味わい深くなります。

シェフに日記を確認してもらってよかったbleah


« 夫の料理 軟骨と内蔵のグリル仏料理風 | トップページ | 誕生日 »

おうちごはん」カテゴリの記事

コメント

す、すごい...
ご主人様のお料理、本格的!
凝った食材と凝った料理法、まさに男の料理よね。
豚耳や軟骨、コラーゲンもたっぷりそうだし♪
お誕生日の記事もまた読み返したけど、今年はさらにグレードアップしそう?!
そのうち、転職しちゃったりして。

ライブ、ポーレイちゃんの元気でほんわかした雰囲気なんだろうな〜。
楽しそうでよかった!!!

ボーレイちゃん、ご無沙汰してしまいごめんね!ようやく、1ヶ月以上苦しんだ仕事(トロントに行ったアサインメント)から、開放されたの。

↑のお料理、すごい、すごい!!!本格的よ、ほんと。あと、ボーレイちゃんのお誕生日に作ってくれた「愛のお料理」、どんなレストランで食べるのより、おいしかったでしょう?

愛を感じます~~~~~。

妻さんheart04

ほんと、普段の食事にはなかなかこういう手の込んだものは作りませんもんね。

お誕生日記事を読み返して下さってありがとうございますhappy01

転職・・・coldsweats02


はい、ライブは癒しと笑いがある(お笑いライブか?!)と言ってもらえて有り難いですhappy02

モナちゃんnotes

出張日記、読んでましたよ。お疲れさまでしたsign01

本当に、忙しいお仕事だよね。カワイイ猫たちや、旦那様のためにも、体に気をつけてねheart04


ケンさんのお料理も、いつも素晴らしいですよね。
あのテーブルに、ご一緒してみたいですlovely


「愛の料理」・・・確かに、どんなレストランでのお祝いより美味しかったです。エヘsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/39900297

この記事へのトラックバック一覧です: 前回の「夫の料理」作り方一部訂正:

« 夫の料理 軟骨と内蔵のグリル仏料理風 | トップページ | 誕生日 »