無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月22日 (日)

ヨコハマ 港の見える丘公園

桜木町駅からどんどん歩いて、港の見える丘公園へ行ってみましたclub

お天気が良い日です。

1


急に暑くなって、夏がやって来たような感じ。公園を歩く人たちや昼寝する人たちにも、強い日差しが注いでいます。

2


公園に着くと、階段を上がります。

3


上がり終えると・・・また階段ですsmile

4


小高い丘のてっぺんに近づくと、元のフランス領事館跡や、井戸が遺跡のように残されています。

5


そして、展望台へ到着。

6


そこからの眺めです。

7


今日の目的は、公園の一画にあるバラ園です。

8


見頃とのことでしたが、突然の暑さで、もうずいぶん咲いて終わりかけていました。

12


それでも色とりどり。

9


11


13


てんとう虫も忙しそうにしてました。

15


なんだかこれで、あっと言う間に日に焼けたような気がします・・・coldsweats01


2011年5月20日 (金)

軽井沢

私の誕生日に合わせて、母が来てくれていた間、夫の運転で軽井沢に出かけましたnotes

ちょっと長いドライブなので、行き帰りはサービスエリアで休み休みfastfoodcafe

軽井沢に近づくと、山に囲まれ始めます。

1

こんな橋も通ります。

2

最初に、軽井沢の鉄道駅からすぐの場所にある、アウトレットモール「プリンスショッピングプラザ」へ。
山の空気はひんやり、清々しいです。

4

お店の数はあるのですが、他の場所にあるアウトレットモールと比べて、商品の充実度が低く感じますが、他の場所はアウトレットしか行く所がないような条件の場所に造られているから種類や数を多く、内容も気合いが入っているのかも・・・軽井沢はしっかり買い物しちゃうというより、遊びに来たついでに、といった雰囲気です。

あったかい信州うどんで腹ごしらえdelicious小さなお店ですがほぼ満席の状態がつづくくらい混んでいて、料理が出て来るまでに結構待ちましたが、中太の麺がもっちりしてなかなか美味しかったです。

6

アウトレットを出て、旧軽井沢に向かいます。
途中の道路は、木立に囲まれた別荘地。

7

旧軽井沢には、個性的な衣料品店や、革製品のお店があり、楽しく散策できます。
さらに車で有料道路に入り、白糸の滝へやって来ました。

8

空気は美味しいし、森の中ならではの聞き慣れない小鳥のさえずりに足が止まります。

9

山の頂上付近に、残雪があるのも見えました。

10

母にとっては、初めての軽井沢でしたが、とても気に入ったようです。
また来年の誕生日の時期にも来ようnotesと言っていましたgood
大きな休暇のタイミングでもなく、少し暖かくなり始めたこの時期は、確かに訪れるのには良い感じです。
春がゆっくりやって来るので、過ぎたばかりの桜の景色を軽井沢でもう一度楽しむこともできました。

3


2011年5月17日 (火)

夫の料理 バースデイディナー2011

昨年のバースデイディナーが印象的だったので、今年も私の誕生日は、夫の作るディナーをリクエストしましたshine

今年も母が来てくれて、夫は3人分の料理を作ります。

最初の一皿は、赤パプリカの下に、エビ入りのラタトゥイユを詰め物のように置いたお料理です。
レタスとエビ一尾が添えてあります。

Photo

コトコト煮て作ったラタトゥイユは、野菜の甘みたっぷり。
焼いた上でマリネされた赤ピーマンはしっとりしています。

夫が選んでくれた最初の一本は、私の大好きな、大岡弘武さんのスパークリングワインです。

Photo_2

栽培から醸造まで、全て無農薬、無添加で造られるワインは、ブドウの風味が本当に豊。
他のどんなワインとも違います。

2つ目のお皿は、魚料理。
手際よく調理中です。

Photo_3

皮目をパリッと焼くために、ソースの入った鍋を重しにしていますsign01
こうして、魚のソースも一緒に温めるそうです。

Photo_4


焼き上がりました。

2

ウニとトマトで作られたソースが、鯛の身とよく合います。

Photo_5


次はお肉料理。

セルクルの中に、豚の薄切り肉。隣の鍋には、煮込んで調味したモツが入っています。

Photo_6

豚肉の上に、モツを載せ、

2_2

てっぺんはもう一度豚肉で、モツをサンドし、両面焼いて、ソースをかけたら完成です。
ソースには、ビネガーやピクルス、バター、何かのフォンなどが入っています。

3_2


このお料理には、フランス産オーガニックワインの赤を合わせてくれました。

Photo_7


今年のデザートはケーキ屋さんで、一緒に選んで購入しました。

Photo_8


今年の料理は、下ごしらえに手間がかかる品々。
沢山の野菜をカットして、ラタトゥイユを前もって作り、モツは下ゆでしてから一度野菜と一緒に煮込んだ上で、本煮込み(って言うんだろうかcoldsweats01)入ったようです。

準備の時には、色々な色のソースやだしなどが並んでいました。

Photo_9


調理中は、冷蔵庫にレシピを貼っています。

Photo_10


参考にしたのは、菊池シェフの「60本のブルゴーニュワインに捧げる60皿の料理」、落合シェフの「イタリア料理のおいしい約束」などです。


来年も、やっぱりおうちディナーがいいかなぁsmilenote


2011年5月12日 (木)

誕生日

今年も迎えました、誕生日ですnotes

日本は昨日から寒さが戻り、今日は一日中雨が降り続くお天気でしたが、それでも冬の凍えるような雨とは違うものですねrain


朝目覚めたらすぐに、夫がHappy Birthdayを歌ってくれてnote
夕べ届いた、母と妹夫婦からのバースデイカードを見ようと思ったら、その隣にもカードがsign01
夫からでしたhappy01

夫からのがスヌーピー。キャンドルが散りばめられているのが、母と妹夫婦からのです。

Photo


そして、先日バースデイランチをしてくれた友人から、アルバムが届きましたsign01

先日の写真と、昨年の写真が貼ってあります。
お互いの誕生日を祝って、ランチをするのは恒例になっていますが、当日にこんなサプライズを用意してくれていたとは〜sign01

Photo_2


では、ここからは、そのバースデイランチの模様をお送りしますrestaurant

彼女とは、7年ほど前のバンクーバーでのワーホリ時代に出会い、今も年に何度か食事をしたりして会っています。
バースデイランチは、それからずっとの、毎年恒例行事です。

この日は、東京の端っこにある、かわいらしいビストロに連れて行ってくれました。

1


創作フレンチということで、最初に出て来たパンも、ローズマリー入りのフォカッチャでした。

2


前菜の前に、豚の脂と野菜で出来たリエットが登場。

3


リエットを食べきらないうちに、前菜が出て来ました。
前菜とメインは選べます。
私は、富山産ホタルイカとトマトのマリネ。ホタルイカが丸々としています。

Photo_3


友人は、ブーダンノワールのテリーヌ。

2_2


メインの前に、人参のポタジュスープです。
ガラムマサラが少量、散らしてあります。

Photo_4


メインは、私が岩中(いわちゅう)豚肩ロースのグリエ。ごまがたっぷりついています。
このお皿のふちに載っているのも、ガラムマサラです。

Photo_5


友人は、サワラのポワレです。皮がパリパリに焼けています。

Photo_6


デザートには、おめでとうの文字と、小さなローソクが。
店員さんが、「ガトーショコラと、沖縄の黒糖のアイスクリームです。そして、願いごとをして吹き消すと願いが叶うローソクです。」と、説明して下さいました。
思わず真剣に願い事をして、吹き消しますsmile

Photo_7


今年も、友人、そして家族からお祝いの気持ちをたくさん頂いて、こんな年になってもとても嬉しい誕生日ですheart


明日はいよいよ、うちのシェフによる、バースデイディナーですhappy02


2011年5月 7日 (土)

前回の「夫の料理」作り方一部訂正

前回の夫の料理でご紹介した、豚の軟骨や耳、腸などの内蔵を使った料理の作り方に訂正がありますcoldsweats01

一番最初に内蔵を加熱する際は、炒めるのではなく、煮込むのだそうです。

一度下茹でした材料を、色々な調味料を加えたスープで煮込むので、臭みが薄まり味わい深くなります。

シェフに日記を確認してもらってよかったbleah


2011年5月 6日 (金)

夫の料理 軟骨と内蔵のグリル仏料理風

近所の肉屋さん、金曜日には腸や胃などの内蔵や、軟骨などが出るよ!と以前に聞いていて、たまにのぞいてます。

そんなによくは出回らない部位のせいか、普通の肉より人気は低そうなのに、マニアックな部位だからこそなのか、すぐになくなってしまいます。

ある日、豚の耳や軟骨、腸の部分を手に入れた夫。
料理本を頼りに、何やら作り始めましたsign01

まずは内蔵を炒めて、薄切りバラ肉に包みます。

1


2


サランラップでくるくる巻いて、ラップをはがすとこうなります。

3


さらに、ひもでしばって・・・フライパンで焼きます。

4


焼き色をつけた後、さらにグリルに入れてじっくり焼きました。

5


焼いた時に出た肉汁をソースにして、完成です。
写真が悪いですが、美味しかったですhappy01

6


これはsign01フレンチで食べたことがあるぞsign03(料理名が分かりませんhappy02
まさか、こんなのを自宅で食べるとは思いませんでしたcoldsweats01shine


こんな張り切り夫、今年も私のバースデイディナーを作ろうと計画してくれてますnotes
去年、すごかったからな〜。

今年も楽しみですheart04


2011年5月 4日 (水)

ライブしました♪

日本では、今年もゴールデンウィークの季節がやって来ました。

ゴールデンウィーク初日、4月29日(金)(祝日「昭和の日」昭和天皇のお誕生日)に、私たちのバンド「Saitama Funky Souls」は、ライブをしましたnotes

会場は、鶴瀬のパオパオというライブハウスです。

ここは、サックス奏者として活躍する中司ハルヲさんが経営するライブハウスで、彼を慕うミュージシャンたちが集まり、ライブを繰り広げているお店ですnote

今夜は私たちのワンマンライブ。
パオパオさんでやるのは初めてですが、マスター・ハルヲさんは、PA(音響設備を扱うオペレーター)としても素晴らしい腕を持っていらっしゃるので、とても歌いやすいnote

さらに、歌仲間の遊佐夏子(←お友達が紹介しているブログをお借りします)、そして、私たちのバンド編成にはない打楽器・ドラムスのイシワタさん(本職はお坊さんです!)という、一緒に演奏すると気分最高sign01のゲストをお迎えして、リハーサルから楽しさが盛り上がりますhappy01

20時からスタートgood
約30人のお客様がいらして下さり、1回8曲で1時間弱、休憩挟んで2回のステージを、歌ったり、笑ったりしながら過ごして頂くことができましたnote

無条件に楽しめる音楽を演奏する。
ライブ空間の雰囲気は、お客様と一緒に作る。
楽しかったと感じる、心があったまって元気が出るような時間を過ごして頂く。
自分が目指すそんなスタイルに、一歩近づけたような、これからの励みにつながるライブになりました。
集まって下さった皆さま、ありがとうございましたheart
今日のライブからの収入、9,000円を、日赤の義援金とさせて頂きます。

そして、バンドのメンバーに感謝shineこれからも、試行錯誤しながら、楽しんで、いいステージしようねfuji

Photo


« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »