無料ブログはココログ

« 東北関東大震災 | トップページ | 少しずつ »

2011年3月16日 (水)

状況は・・・

なかなか安定しないまま。

夕べは静岡東部で震度6の地震があり、今朝も茨城や千葉を中心に地震がありました。

被害が大きかった地域の避難所では、物資が行き渡っている場所と、何も届かないままこの数日を過ごしている場所とがあるようです。

昨日のテレビ放送中に届いたFAXには、おにぎり1個を4人で分けているとの状況が書かれていました。

政府や自衛隊の救助活動について、テレビを見ている人たちから、不満の声も上がっています。

非難や救助の対応の遅さや、物資の供給に偏りがあることなど。

確かに、映像を見ていると、もっとできれば・・・という気持ちは起きますが、やれることをやっていないとも思えないのです。

ヘリコプターでできることならやっているはずですし、やらない場合は何か理由があるのだと思います。

今や、現場の東京電力の社員たちまでが避難している状態の原発周辺に、どこまで救援部隊を送り込めるか。

地震と津波でがれきの山になっている災害現場で、ヘリポートになる場所などをどう確保するのか。

テレビで見ているだけなら、色々気づけるでしょうけれど、実際に現場にいる者同士が、限られた道路や、通信手段を使って、横の連絡を取り合いながらどこまでスムーズに作業ができるものなのか。想像を超える大変さがあるに違いないと思います。

「サッカーの試合を見ている方は、あれじゃダメだとか、もっとこうすべきだったとか、言うのは簡単だけど、その誰も、実際に今プレーしている選手たちより上手くプレーできない」と言う夫の表現は、私の今の気持ちを上手く表してくれてると思いました。

今、比較的安全な場所で暮らしている皆さんが、自分の最低限の安全を確保できたなら、ガソリンや食品、トイレットペーパーなどの買占めに走り回るのではなく、災害地の皆さんのためにそれらが届けられるかもしれないということを考えて行動して頂けたらいいと思います。

私の知る範囲では、遠く離れたカナダで暮らす日本人の皆さんも今の状況に心を傷め、赤十字などを通じて早速募金をして下さっています。

また、神戸での震災を経験している友人は、アロマセラピストとしてできるボランティア活動を計画しています。

直接的に被災地の方々に関われず、目の前に病気の方たちを抱えた病院勤務の友人は、節電と併せて、今まさに自分の助けを必要としている患者さんたちを支えることも大切な「今できること」のひとつだと考え、仕事に励んでいます。

関わり方はそれぞれで、どれも尊いものだと思います。

誰も想像していなかった自然災害、そして原子力発電所の事故。

心身共に疲れ果てた被災者の方々が、少しでも早く、暖かい場所と寝床、食料や飲料の不足しない、日本で普通にできていた生活に戻れますように。

今、実際に救助や救急医療や、避難所の人々の生活を支えるために動いて下さっている海外そして日本国内の方々、大変な危険と不安の中を原発の事故の悪化を抑えるために夜を徹して作業をつづけている方々に感謝します。

避難所暮らしや、屋内退避の状態がつづく皆さん、それら被災地にご家族や友人をお持ちの皆さん、同じ日本人として心配して下さっている全国のまたは外国の皆さん、住む国や人種が違っても助けの手をさしのべてくれている世界中の皆さん、みんなでなんとか乗り越え、命ある限りつづけられる人生を進んで行きましょう。

« 東北関東大震災 | トップページ | 少しずつ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 状況は・・・:

« 東北関東大震災 | トップページ | 少しずつ »