無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月21日 (金)

大岡弘武さんのワインと、枉駕 (オウガ)シェフの料理

大学時代からの友人、Sちゃんのお誘いで、ワインと料理の会に参加しました。


場所は、外苑前駅から歩いてすぐの「ロアジーナ」というお店。


やわらかな明りがもれる店内は、太い梁が走る安らぎ空間。
そのさらに奥まったスペースで、フランスでワイン作りをされている日本人、大岡弘武さんのワインを楽しむ会が開かれました。

1


また、この日の料理は、東久留米にあるオーガニック中華のお店「枉駕」(オウガ)のシェフが担当して下さいましたshine


まずは、大岡さんが、いわゆる自然派ワインの作り手として、通常販売されているワインとの違いなどについてお話しを聞かせて下さいました。

ワインの添加物、実に100種類ほどが添加物として存在しているそうですが、入っているもの全てを明記することにはなっておらず、私たちはほとんど知りません。
酸化防止剤というのは、どれでもたいてい書いてありますよね。

大岡さんのワインには、この酸化防止剤さえも添加されていません!
まさに生きている(変化しつづける)ワインです。
酵母が生きている状態なので、温度によって状態が非常に左右されやすいんだそうです。
今まであった話として、レストランのキッチンのすぐ上の棚に載せていたワインが、キッチンからの熱でコルクが飛び、ふきこぼれて来た・・・という笑っていいのかどうかcoldsweats01な事件の話もして下さいました。

また、その酵母の働きによって、わずかな亜硫酸塩が発生するそうで、それが酸化防止剤としてボトルの裏に書かれています。が、添加したものではありません。

もちろん、栽培の際にも、化学肥料や農薬の類いは使いません。
大岡さんのおっしゃるには、良いワイン作りのほとんどの部分は良いぶどうを作れれば叶うと言っても良いくらいだそうです。
その代わり、なるべく自然に近い状態で、質の良いぶどうを作るための苦労と労働は、話を聞くだけでも過酷なものです。

日当たりの良い急斜面でのぶどうの栽培は、手作業が多いそう。
何がぶどうにとっていいのか・・・たとえば、肥料はあげるべきかあげない方がいいのか、雑草は取ってしまうべきか残しておくべきか・・・ひとつひとつのことをよく考えて、試行錯誤しながら、たくさんの苦労を重ねて、自慢できるワインを作っている大岡さんのお話は、本当に興味深いものでした。


聞いてしまったら、飲まないではいられませんsign01

7

この日頂いたワインです。ヌーヴォー、白ワイン、赤ワイン、スパークリングのロゼ。

これらは、何度でも(ある限り)おかわりをして、頂けます。

これらとは別に、最初の乾杯に、スパークリングワインを頂きました。
この最初のひと口から、その香りと味わいに驚かされますsign03

Photo


ワインは、今までも好きでしたが、よほど熟成した赤ワインでない限り、気になる匂いがたいていいつもしていて、それが苦手でした。

しかしsign01大岡さんのワインにはそれがないsign01
あれって、添加物の臭いだったのかも・・・coldsweats02
代わりに、大岡さんのワインからは、酵母のせいか、一種独特の、どこかでかいだ事があるような香りがしています。


各自、好きなものを好きな時についで頂いているのですが、タイミングを計りながら出されるお料理が、ワインとぴったり合うんです。

9


10


美味しいお酒とお料理のために集まった方々の幸せな雰囲気で、会も盛り上がりますshine


大岡さんの熱意が作ったワイン。
本当に美味しくて、普段、量はさほど飲めない私も、いつの間にか沢山頂いていましたhappy02
帰り道も気持ちよくdiamond


体にいいものを心をこめて作ることは、簡単ではない。
そして、それは必ずしも高収入には結びつかない。
それでも、大事に手をかけたものを作ってくれる人がいるって、素晴らしいことです。

前回の日記で少しふれましたが、カバン持ちさんのお友達で、イタリア田舎暮らしをされているchihoさんのことが、テレビ番組で取り上げられました。
その時に、イタリアでは、真面目に頑張って良いものを作っている農家や生産者を、消費者が応援することにつながる購買行動があることを知りました。
それは消費者である自分のためにもなるし、そういう生産者を支持することにもつながっています。
そんなことの大切さを感じる最近です。


2011年1月17日 (月)

新年そば

実はこないだの大晦日、実家でみんなで食べ、飲み、しゃべり、ゲームをし・・・年越しそばを食べ忘れましたcoldsweats01

新年明けてから、大好きなおそばやさん「尾沼」にて、おそばを頂きましたnotes

8_2


ここは、おそばへ行くまでの一品料理とお酒もいいんですshine

今回はお正月明けで、まだエンジンが軽くかかった感じ。品数は少なめでしたが、ひとつひとつの旨さは確実です。

揚げ出し豆腐。

2


春を感じるそら豆。

3


そら豆は天ぷらでも頂きました。
天ぷらのそら豆は、薄皮をかぶったまま揚げてあります。
「その方が美味しいと思って」という店主の尾沼さんは、既成概念に捕われない発想を持つ研究熱心な料理人。

6


今日のお酒は、今年の干支、ウサギのラベルの「元旦しぼり」。

1


そして、こちらも気に入りました。ベタベタ甘くない梅酒。ラベルに「八海山の原酒で仕込んだ」と書いてあります。

7


最後に、お正月に食べてなかったお汁粉。これは、そば団子入りです。満足note

9


よく考えて、研究して、いいものを出してくれるお店は、長く応援したいです。

先日、カバン持ちさんのお友達のchihoさんの生活を、テレビで拝見した時にも、こんなことを思う話題が出て来ました。

そして、先日、とても興味深いワイン会に参加させて頂き、そこでも同様のことを感じました。

次回は、その話を書きたいと思います。


2011年1月12日 (水)

夫の料理〜アクアパッツア〜

デパ地下で、ワインのセールをしていましたnotes

ブルーゴニュ産のアリゴテ種、白ワイン1050円を、試してみることにしましたflair

そのワインを見てひらめいた夫が、初挑戦のアクアパッツアを作ってくれることに。

生鱈の切り身、アサリ、殻付きのエビを具に選びました。

Photo


ベランダの鉢から切り立てのフェンネルと、市販の乾燥ローリエも使います。

2
 

ニンニクをオリーブオイルで炒めたところに、小麦粉をまぶした魚介を投入。

3


アサリと白ワイン(これはアリゴテではなく、セミヨン・シャルドネ種の箱ワインです)入れて、いい色がついて来ました!

4


ふたをして少々蒸したら・・・ほらsign01美味しそうsign03

5


初めてなのに、美味しくできましたshine

6


ごちそうさまでしたnote


2011年1月 3日 (月)

明けましておめでとうございます

2011年も始まりましたね。

私たちは、まず私の実家へ。そこで年越しや初詣をし、それから夫の実家へ挨拶に行きました。

実家では、もう何年もおせちを作ったりしていません。

そして、父が亡くなってからは、大晦日の夜に、新年を迎える食卓につくようになりました。

手のかかったお料理はなしですが、鯛の塩焼きや数の子などお正月らしいものと、サラミやスモークシーフードなどのおつまみ系。

マグロやヒラメのお刺身の他に、今回は頂き物の活伊勢エビも!

厚焼き卵には、ゆりねが入っています。

Photo


夜が更けてきて、イノシシ肉が登場sign01

Photo_2


大鍋にできましたしし鍋!美味しかった〜lovely

Photo_3


そして、まさに食べごろに熟成したチーズ、エポワス(手前)とモンドール(奥)も、素晴らしかったですshine

Photo_4


夫のお父さんのお家では、一人暮らしのお父さんが、手料理の水炊きを用意して待っていて下さいました。

鶏肉だけでなく、はんぺんやつみれも入っています。

お正月のごちそうも大好きですが、鍋ってやっぱりいいもんだな〜flairと感じます。

Photo_5


食べて飲んでのお正月delicious

自宅に戻って2人で乾杯しました。

Photo_7


この時のスパークリングワインがチリ産のもの。
これが、料金と味わいで考えてみると、かなり良いものに思いましたので、スパークリングワイン大好きな妻さんにお知らせしたいと思いますhappy02

私たちはデパ地下のお酒売り場で見つけ、こんな箱に入っていましたが、1280円という価格でした。

Photo_8

もし、どこかでご覧になったらお試し頂いてもいいかもと思いますheart04


今回、自分の日記を書くより先に、まずは皆さんのブログで年末年始の様子を見せて頂きましたnote

今年も、良い一年にしたいですねshineよろしくお願いしますheart


« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »