無料ブログはココログ

« オーストラリア2 | トップページ | オーストラリア4 »

2010年12月 2日 (木)

オーストラリア3

メルボルンは、オーストラリアの商業都市で、観光地ではないですが、昨日の日記で触れたQueen Victoria Marketや、移民が造り上げたそれぞれの地域があって、なかなか面白いのです。

街の中心は歩いてもまわれる大きさですが、その周辺には電車やトラムで行けるスポットがいくつも点在しているので、全体として大きなエリアに広がって発展している印象を受けます。

夫は、洋服を見るのも大好きなので、オシャレストリートとして知られるBrunswick Street(ブランズウィック・ストリート)へ行ってみました。

建物は古く、趣きがあります。

1


あちこちに面白い看板も出ていますhappy01

2

3

こんな壁も!

4

夫はここで、「Blues Brothers」のTシャツをゲットしましたsmile

そして、オーストラリアの強い日差しが目にこたえる年齢になったと気づいて、サングラスもcatface

今夜は、欧米って感じのステーキが食べたい、というのが夫の希望restaurantbeer

イタリア移民たちが開いたレストランがずら〜っと並ぶLygon Street(ライゴン・ストリート)に、ピザが美味しいお店があるので行ってみると、メニューにはステーキもgood

ピザはMARGHERITA、ステーキはPORTERHOUSE STEAKを注文。

Photo

このステーキ、「肉sign01」という感じで、美味しかったですimpact

店の外のテーブルでも、大勢のお客さんが食事を楽しんでいます。

Photo_2


つづく


« オーストラリア2 | トップページ | オーストラリア4 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

メルボルンに住んでいた友人から、
「あそこはイタリア移民が多いから食べ物もおいしいし住みやすかったわ」
と聞いていたのですが、ほんと、多いのですねーnote
そのライゴン・ストリートのレストランに片っ端から入ってみたいです。笑

さすが、カバン持ちさんhappy01

お友達からの色々なメルボルン情報をご存知ですねnotes

イタリア移民の方々のおかげで、イタリアンのお店やジェラート屋さん、そしてエスプレッソが美味しいカフェも、メルボルンでは不自由しないと思います。

これからご紹介しますが、アジア系の移民も多いんですよ。
そんなところは、バンクーバーにも似ているかもしれないですねrestaurant

オーストラリアのお料理って、とにかく量がものすごい!ってイメージがあったんだけど、そうでもない?!
へぇ、メルボルンってイタリア移民もアジア移民も多いのね。
いいな〜、気分転換に海外旅行、したいな〜!

妻さんheart
いらっしゃいませhappy01

気分転換のご旅行、行けるといいですね!
旦那様お忙しいかな。
それまで、このブログで少しでも楽しんで頂けたらいいなと思いますheart04

確かに、日本のレストランと比べたら量は多いかもですねsign01
例えばこのステーキに添えられたポテトも・・・coldsweats01
でも、それがあまり気にならないくらい、よく食べてしまう私たちのようです・・・catface

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/37924844

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア3:

« オーストラリア2 | トップページ | オーストラリア4 »