無料ブログはココログ

« オーストラリア3 | トップページ | オーストラリア5 »

2010年12月 3日 (金)

オーストラリア4

朝は、昨日マーケットで2ドルで買った大きなマンゴーをむきむきrestaurant

お皿やナイフが備えられた簡易キッチンのおかげで快適ですnotes

Photo


マーケットがあちこちにあるメルボルン。
今日はトラムや電車で行くことのできる「Footscray」(フッツクレイ)という地域へ。
電車だと15分もあれば到着ですが、トラムは街の通りをぐる〜っと走って、ずいぶん時間がかかりますが、同時に、中心街以外の地域を目にすることができます。
行きはトラム、帰りは電車にすることにしましたgood

Footscrayにはベトナム移民が多いようで、その名もLittle Saigon Marketというマーケットがあり、フォーのお店も多いのですnote(カバン持ちさん、フォーですよwink


まずはマーケットの中へ・・・

1

日本でもなじみのあるゴーヤやインゲン豆のようなのもあります。

そして、香菜などのグリーンが山盛りの売り場もclover

Photo_2


マーケットを見学したら、お昼を食べなきゃ〜happy02フォーの美味しいそうなお店を探していくつかのぞき、最終的に決めたこちらで、鶏のフォーを頼みました。

右側が、鶏肉だけが入ったフォー。左側には、鶏肉のほかにレバーや砂肝部分も入っています!

Photo_3

このレバー、くさみが全くと言っていいほど感じられず、外はツルリとなめらかで、かめばふんわりとしていて、美味しいsign03


そして、ベトナムらしいデザートがこちらflair英語では「Four Color Drink」となっていましたが、漢字の「四色氷」の方が近いイメージです。

日本のかき氷に、豆やゼリー、カスタードと似たような甘いものやココナッツミルクが混ぜてあるといったらいいかな。

4

ゼリーには赤や緑の色がついているし、甘い物体は黄色をしてるので4色なのでしょう。

これが、見た目の不思議さから想像するよりずっと美味しいのですlovely


さあ、電車でピューッと中心地に戻ったら、またちょっと街歩きnotes

Photo_4


トラムには最新型と、このような旧式もあります。

Photo_5


メルボルンは水辺の街で、中心辺りをヤラ川が流れています。

Photo_7


川べりには、大きなカジノもあるんですdollar

Photo_8


今日もよく歩きましたeye
夕食は、チャイナタウンの中の1軒で。

1_2

ローストポークやダックが、白いごはんの上にタレと共にのっています。
こんな一皿が、香港ぽいですdelicious
肉ワンタンとエビワンタンの入ったスープも注文しました(忘れられてたみたいだけど・・・催促したら作ってましたcoldsweats02

2

急ぎすぎて、ワンタンの中が冷えていたので、もう一度あっため直してもらいましたwobbly

この3品で26ドル40セントなので、2000円強といったところです。


オーストラリアでは、アルコールを出せるお店と出せないお店(ライセンスの有無)があって、アルコールを置いていないお店には「BYO」(Bring Your Own)の表示があります。
中国系、ベトナム系などの気軽なお店では、お酒を出さないことも多いです。
BYOの表示があるお店で、お料理と一緒にお酒を楽しみたい場合は、ビールやワインなどを持ち込むことができますbeer

つづく


« オーストラリア3 | トップページ | オーストラリア5 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

うわー、面白いhappy01
この日の記事だけ読んでると、まるで東南アジアに行ったみたいですよねー。
ランチにフォーnoodle、夕食に中華と旅先のアジア料理は時差ボケの胃に優しくて助かりますよね。
BYObottlewineの表示もとっても便利でびっくりしましたー。
まるでメルボルン情報通になった気分で楽しませて貰ってまーす。good

カバン持ちさんnotes

楽しんで頂けて、私こそとっても嬉しくなっちゃいましたheart04
ありがとうございますnote

まさにおっしゃる通り、アジアの料理って、旅先の体への負担少なく、そして疲れた時にも食べる気になるものなんですよね〜。
そういうことが、感じられる年頃になってまいりましたcatface

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/37945774

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア4:

« オーストラリア3 | トップページ | オーストラリア5 »