無料ブログはココログ

« エビの背わた〜パエリア〜 | トップページ | オーストラリア2 »

2010年12月 1日 (水)

オーストラリア1

オーストラリアに行って来ましたnotes

今回は、東側のメルボルンに4泊。西側のパースに3泊です。

初夏のオーストラリアの気温は、メルボルンは20度を越えるくらい。パースは毎日30度を越えていて、だいたい35度くらいの毎日でしたsun

ご無沙汰していましたが、その旅行の様子をどんどん書いて行こうと思いますhappy01

利用したのは、タイ航空でバンコクを経由します。
タイ航空は50周年を記念して、お得なキャンペーンをしており、公式ホームページからのチケット購入で、燃油サーチャージや税などを含め、1人あたり89,660円。
出発は羽田からメルボルン。帰りはパースから成田です。

「東京国際空港」として動き出したばかりの羽田は、モノレール駅を出るとすぐに各航空会社のチェックインカウンターがありますgood

Photo


行きは、バンコクでの乗り継ぎに3時間くらいあったので、空港を探検eye
空港は改装されて間もないらしくきれいで、通路にはこんなタイらしいものも。

Photo_2


実は、バンコクまでの機内食が、全然よくなかったので、夫はお腹が空いていました。
ちなみにその機内食はこちら。

冷えきってかたいおにぎり・・・shock

1

オムレツは機械で作りました!って感じに中身もぎっちり、まるで練り物みたいです。

2


タイの空港で、トムヤムクン・ヌードルと、黒豆とタピオカの入ったココナッツミルクのデザートを楽しみましたsmile

Photo_3

Photo_4


バンコクからメルボルンまでは8時間35分のフライト。
タイ航空の座席は、そのイメージカラーと思われる紫、ピンク、オレンジ、黄色が配置されています。
毎回ではないですが、座席にあらかじめ毛布がセットされていることも。

Photo_5

メルボルンへの便でも、2人席を予約しておいたのですが、この日は100人程度しか乗客がいないから、ゆったりした席へどうぞと言って頂けて、3人がけを1人ずつで使い、睡眠も取れましたconfident

そして、機内食が・・・別人のように(人じゃないですがcoldsweats01)、美味しかったのですhappy02

同じ「オムレツ」でも、こちらは中もふっくらで手作り感があります!
ドイツソーセージのような太いソーセージも美味しい!

3

そして、エビ入りのカレー。

4


メルボルンの空港に到着後は、市内とを結ぶsky busに乗り、街の端にあるSouthern Cross Stationに着きます。
ここからさらに各ホテルへと運んでくれるミニバスに乗り換えるつもりでバスの運転手さんにたずねると、「それは22時まだから、ちょうど終わったところだよ」との返事。
彼の頭上のデジタル時計の表示は「22時1分」・・・coldsweats02

仕方なく、トラムに乗るつもりで歩き出しましたが、行ってみると遅くまでは走っていない路線・・・。

荷物はスーツケース1個と手荷物程度なので、結局そのまま街の反対端に位置するホテルまで歩いてしまいましたが、飛行機が空いていたのでそれほど疲れてもおらず、夜の雰囲気も見れて楽しかったのです。

メルボルンは夜間でも、女性のグループや1人歩きの人(怪しくない人)がいて、安全そう。

ここでの宿は、簡易キッチンがついているcubeというホテルです。
街のはずれにあるせいか低料金ですがきれいだし、中心地まで歩いてもすぐなので、滞在が快適なものになりましたshine
メルボルンは、ホテルや普通のアパートでも狭いわりに高いように感じるので、このホテルはお勧めです。

1_2

キッチンの様子は、この1枚(自宅と同様にお皿洗いする夫)しか撮ってなかったのですが、ディッシュウォッシャーの横には冷蔵庫、その上に電子レンジがあります。
流しの上の棚にはトースターやグラス、夫の左横(奥)の棚にお皿が入っていました。

Cube

つづく


« エビの背わた〜パエリア〜 | トップページ | オーストラリア2 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

きゃ〜、35℃?!素敵!!!(寒いの苦手なの)
今、向こうは夏だもんね。
温度は高くても湿度が低くて過ごしやすいんだろうな〜と妄想。
3人掛けに横になれたのはラッキーだったわね♪

あら!
横顔のご主人様、初登場?!
いつも食器洗い担当?
いいわね〜。
うちは食洗機を買ってから、夫は“手伝わなくていい”って決めたみたい。

妻さんheart

来て下さったうえにコメントも!ありがとうございますconfident

まさにその通りで、35度なのにサラッとしてました。
さすがに日差しは強いですが、ムシムシしないだけでずいぶん違うものですね!
私も寒いより暑い方がいいな〜sun
将来は、寒い時は暖かい地域で暮らせたら最高heart04

夫、そういえば初登場でしたか?!
私が、水仕事で手荒れがひどい時期があって、それからはずっと食器洗いを朝昼晩(昼のは置いておけばいいと言ってくれるので)してくれてますshine
だから、旅先でも・・・smile

私もすっかり旅行に同行した気分です^^
今バンクーバーに住んでいる友人が2年前までご主人様のお仕事で
メルボルンに住んでました。
いい街だよといつも話してくれるので興味津々だったので、
今回同行??出来て嬉しいです。笑
アパートメントホテルはやっぱり便利ですよねー♪
皿洗いお疲れ様ですとお伝えくださいhappy01

カバン持ちさんnotes

体調はすっかりいいですか?

同行、大歓迎ですsign03
メルボルンは「見るべきものはなにもない」と言う人もいますが(確かに、ウルルやグレートバリアリーフなど、観光名所は多いですものね)、私は普通のオーストラリアの街っていうだけで十分楽しめるので、それにはピッタリの場所だと思います。
ダンナくんも、気に入っていましたよ♪

カバン持ちさんご夫婦の、ヴェネツィアでの滞在先も、アパートメントホテルでしたよね?
宿泊中も、本当に住んでる部屋っていう感じがして、寛げましたhappy01

お皿洗いへのねぎらまいで、ありがとうございますcatface

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345552/37914496

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア1:

« エビの背わた〜パエリア〜 | トップページ | オーストラリア2 »