無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月19日 (金)

エビの背わた〜パエリア〜

都会に住む母から、天然有頭エビをもらい、パエリアを作ることにしました。

まずは、背わたを取ろう・・・あれ?普通に、1本になった背わた以外に、同じような場所に緑色のぶよぶよした線が、背中を通ってしっぽまでのびてます。

これは・・・なに?
取っていいのか、なんなのか・・・。
試しに取ろうとすると、背わたのようにするっとは取れず、懸命に取り除くうちに周辺の身がつぶれて来て危険ですcoldsweats02
しかし、不思議な色で、ぼわんとしてて・・・取り除きたくなります。

結局、なんとか除去し、殻つきのままフライパンで一度焼きました。

1

お米や野菜、鶏肉と共に、出来あがった様子です。

2

今回も、COOKPADを参考にしました。

本当は、貝類とか、もっと色々入れると、より美味しいと思いますが、なにせもうすぐ旅行なので、あるものを使いますhappy01

そして、エビの「緑のぼわん」についてネットで調べてみると・・・「それも背わた」だと言う人、「それは卵と卵巣である」と言う人、「それは背わたで、緑やオレンジ色など餌によって色が変わる」と言う人・・・様々です。

今度は、エビの飼育についてのページに行って、とうとうそれらしき説明を見つけましたeye
どうやら、エビのメスは、頭の後ろの辺りに卵巣があり、それが「緑のぼわん」で、繁殖期になるとそこから背中にかけて色も幅も増して、模様のように見えるようです!

調理の方曰く、卵巣部分はエビ独特の旨味でもあるので、取らないようにとのこと。

すごく一生懸命に取っちゃった・・・catfaceでも、勉強になりましたdiamond

背わたは、腸の管部分に砂利などが詰まった状態なので、取った方がいいのだそうです。

また、エビの神経は腹部にあって、そこはちょっと筋っぽいらしいけど、取っても取らなくてもいいみたいです。

もしかすると、みなさんは当然に知ってることもしれないけれど、エビの話でしたwink


2010年11月12日 (金)

作ってみました・・・Lemon Chicken Breast

先日、モナちゃんの日記で紹介されていた鶏胸肉のお料理。
美味しそう〜catfaceしかも、最近ちょっとだけダイエット中の夫にも良さそうsmile
そう思っていたら・・・
スーパーで、鶏胸肉が半額sign01しかも、ちょうどレモンの買い置きがいくつもありますdiamond
今がその時だ!!ってことで、作ってみましたdelicious

1

オーブンに入れる前の様子ですup
勝手にアレンジさせて頂いて、モナちゃん紹介のレシピでは、オレガノやタイムの葉を入れていますが、うちで育っているバジルを入れてみましたbud


「こんがりと」というアドバイスに従って、よく焼きましたnotes

2


美味しいソースを逃さぬように、今日は「メゾンカイザー」のパンを選びました。

3


奥のグリーンのラベルの白ワインは、買いやすい値段(1500円くらいのはず)ですが、なかなか美味しく、鶏肉とも合いましたgood

頂き物の焼き菓子をデザートにnote

4


手前のスティック状のものは、レーズンの入ったクッキー生地の上に、メレンゲ部分がのっかています。京都のお菓子屋さんの品のようです。

モナちゃん、レシピの紹介ありがとうheart


2010年11月 2日 (火)

谷中散歩

Yちゃんのお誕生日祝いランチを、初台の「シラノ・ド・ベルジュラック」で楽しんだ後は、地下鉄千代田線の千駄木駅で降り、下町を散策することに。

のんびり路地を行くうちに、「谷中ぎんざ」へ行き着きました。
行列してコロッケを買っていたり、コーヒー豆を焙煎しているお店があったり、両側にずら〜っと並ぶ店、店、店。そして、人、人、人。
今や、ちょっとした観光地なんですね、きっと。

ここへ至るまでにも、周辺には歴史を感じさせるこんなおせんべい屋さんがありました。

1_3

こちらもflair

2_2

日本人の私たちにとっても、「古き良き」的な懐かしいこのたたずまい。
きっと、外国人の方々にも、とても素敵なものに見えるのかもcatface

気がつくと、おせんべい屋さんの写真以外、楽しんで頂けるショットなしcoldsweats01

雰囲気がよく分かる写真や説明をされてる方のページを拝見しましょう。こちらです。


そして、ライトアップされた東京タワーへ。
こうして下から見上げた姿もいいですね〜lovely

Photo


来年のお祝いは、どんな1日にしようかな〜notes


« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »